RAIL WARS! -日本國有鉄道公安隊- 2巻 怒りの桜井が悪を許さず

rail140815.jpg
webコミック『ブレイドオンライン』で連載している、「RAIL WARS! -日本國有鉄道公安隊- The Revolver」の2巻です。
1巻を紹介したのは去年の11月。まさかアニメ化して放送中に2巻も紹介するとは思わなかったよ。
 過去記事 RAIL WARS! -日本國有鉄道公安隊- 1巻 國鉄公安隊に配属された主人公

國鉄が民営化せずに現在も健在な日本。学生ながら制度によって國鉄に勤務することになった4人の少年少女たちが主人公です。中でも平穏な運転士暮らしを夢見る高山直人と、たとえ痴漢だろうと犯罪者なら射殺しても構わないと思ってる桜井あおいがメイン。この全く逆な思考の持ち主同士が織り成す展開が物語を面白くしていきます。
ま、アニメが始まってることから基本的な設定はいいか。ただしこの漫画は原作のコミカライズ。アニメは一部オリジナル化してるのでイメージが若干 変ってる表現が見受けられます。それは主に2点。
・1つ目は公安機動隊隊長の五能さんはアニメ以上に有能でカリスマ化してること
・2つ目は警四の最大の敵である「RJ」の存在

アニメ2話の爆弾騒ぎは原作では「RJ」の仕業なんですよ。それがアニメでは単なる単独犯になってました。この2巻の前半はその爆弾騒ぎを原作通りに描いており、話に奥行きが感じられます。「RJ」とは赤字を垂れ流しながらも営業を続ける國鉄を許さないとするテロリスト集団(といっても2人だけど)。その思想には納得するところもあり、"完全なる悪"とは言えないのです。そういった敵に立ち向かう高山がかっこいいわけで、アニメでは何の思想もない犯人になっていたことはある意味 物足りないと感じてしまいますよ。
rail140815-1.jpg
そういった設定は違ってるとはいえ爆弾を解体するところは同じ。爆発しそうとヒヤヒヤしてる高山に秘密兵器を持ってきた桜井。泣きそうな高山をなぐさめる桜井にちょっと色気を感じてしまうのは私だけではないでしょう。

後半からはアニメではまだやってない「ベルニナ王子護衛編」が始まりました。アテラ国の王子・ベルニナ王子が札幌で行われる姉妹都市調印式に参加するため来日。その護衛に警四が就くことになりました。海外留学中時の小海さんとは友人の仲で、ハグしたことに高山は怒り心頭。
rail140815-2.jpg
けれどかなりの鉄オタだったことに共鳴。態度を一転してフレンドリーな関係になりました。その姿のままじゃ王子だとすぐわかってしまうから着替えることになるのですけど、あれ? おかしいな? 高山の前でなんでそんなに恥ずかしくしてるの? 何か秘密でもあるの? という毎度お馴染の展開が待ってます。これだけ言えば説明しなくてもいいよね。

道中に現れたのは刺客たち。一人なら岩泉の敵ではないが、二人以上ではさすがに多勢に無勢。高山もスタンガンによって危機に陥ります。
rail140815-3.jpg
そこに現れたのが遅れて来た桜井! このタイミングで参上したのはヒロインというよりまるでヒーローだ。さぁ怒りの桜井の本気を見せるときは今だ!!
RAIL WARS!-日本國有鉄道公安隊-The Revolver 2 (BLADE COMICS)
浅川 圭司 豊田 巧
マッグガーデン (2014-08-09)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あおいが追いつけた理由


実は東北新幹線で仙台まで先回りしたんですね。寝台特急や貨物列車と言った長距離を走る編成は運転士が交代する為に乗客を降ろさないけど駅に停車する事もあります。この時に他の列車を通過させる事もあるんですよ。

これは前回、警4がスリ犯を先回りする為に東北新幹線路線を走るドクターイエローを使ったと同じ手口です。



國鉄東京駅


二話でNRSAT専用列車発車シーエンスにスコシマテ……コンナモノが地下にあったら建て替え工事が大変だっただろうな……これゴシラが来たら建物全体がリフトアップしてスーパーXでも出るんじゃないのと思ったよ。



北斗星になった理由


既に鉄道系サスペンスで使われている事やロケハン、資料が揃っているからです。ななつ星は少し難しいかもしれません……最もこの作中のななつ星なら九州内ではなく日本一周ってなりそう(大汗
2014/09/11(木) 20:48 | URL | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3215-2d75801c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック