UQ HOLDER! Stage.46 不死者は魔法も身体も通り抜ける厄介者

uq140820.jpg
『週刊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.46 超能力者
問題の不死者だろう"フードの男"の名前は佐々木三太。佐々木という性から まき絵を思い出すけど無関係でしょう。たぶん。刀太と同じ部屋になった、というかこの部屋に来たこと自体に不思議がってることから、人払いの術とか 何らかの魔法? でこの部屋には来られない工夫がしてあったと考えられます。けれど刀太にはそれが通じなかった…確か初期に魔法が使えない設定があったので、その延長で魔法を受け付けない体質になっていたから この部屋に来れたと推測します。あるいは野生の勘とかね。
ま、実際のところは管理人にこの部屋のことを訊けば一発で判るんでしょうけど、それは成り行き上 やってはいけない気がします。

夜中、ホームレスを襲撃してる学生達を見かけて降り立つ三太。二等生のミヒールもそうだけど魔法を使えるようになったことで自分が無敵になったとでも錯覚してるんでしょう。そんな思い上がりの奴らを三太は遠慮なく倒していきます。
uq140820-.jpg
空を自由に飛び、攻撃魔法は素通りしてしまい何のダメージも受け付けない。そして地面との融合魔法? を使います。学園内の殺害方法にドンピシャなことから犯人であることは間違いないでしょう。けれどホームレスの襲撃現場にわざわざ登場したり、上の画像のセリフからして弱者を助ける行動をしてないだろうか? もしかして今まで殺害してきた生徒たちは こぞってミヒールのような性格だったかもしれません。そう思うと「完全なる悪」とは言えないわけで、少なからず共感してしまいます。むろん殺人は悪いことですが。
uq140820-1.jpg
刀太が参上してチンピラ学生はとりあえず救出。逃げた三太の前に九郎丸が立ち塞がったものの、身体をすり抜けて逃亡~。「ネギま!」時代にも無かった魔法? に今後の苦戦を予感するのでした。三太は魔法ではなく"超能力"と呼ぶこの能力の正体はいったい何なのだろう?  つづく
UQ HOLDER!(4) (講談社コミックス) *9月17日発売
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
オビトの万華鏡写輪眼の瞳術・神威
2014/08/21(木) 21:47 | URL | 名無し #-[ 編集]
この人にも佐々木三太ってまき絵の親戚の子孫かな。
2014/08/24(日) 22:41 | URL | NAKATA #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3218-a65fc9a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック