咲-Saki- 有珠山は麻雀雑誌に載る女の子が大好きらしい

saki140906.jpg
『ヤングガンガン』連載、「咲-Saki-」の131局
一ヵ月半ぶりの連載再開。表紙に載ってるのは咲でなければ和(のどか)でもなく部長。どうしてなんだろうと思ったところ、このイラストが9月25日発売のコミックス13巻の表紙になるのね。

副将戦に突入する前に、ユキが有珠山高校に入るまでの経緯の回想が真っ最中です。前回は麻雀雑誌に佐々野いちご・宮永照・清水谷 竜華らが美少女として紹介されてたことにワイワイ言ってました。今回は最新号にプロのグラビアが載ってたーってことで上の画像がソレ。28歳(この時点では27歳か?)にして麻雀アイドルの はやりんと、20歳(この時点では19歳?)の戒能さんデス! 「はやりんは専門誌以外でも大人気」だそうで、となると普通のアイドル雑誌にも載ってるってことか。スゴイな。首にシワひとつないのは友達の旅館の温泉というクダリは「シノハユ」を読めばわかる仕様になってます。
あまり触れてないけど戒能さんのスレンダーボディも魅力的。この人は笑顔をほとんど見せないのでその点で損してる気がするんだけどね。

インターハイ予選まで半年以上ある現時点。「できる限りやってみよう」と言った6ページ後で『 全国大会出場』となりました。特訓の様子も無ければ試合も全く描いてない。描いているのは自転車通学のヘルメットのこととか、全自動雀卓の動きが悪いことだけ…。この二つ 描く意味があったのでしょうか!? これを描くなら特訓に励んで月日が流れていく日々とか、せめて予選の模様を描いて欲しかったのですが。これでは有珠山がどうして勝てたのか、強さの理由が読者に全く伝わらないと思いますよ。

その後、最新号に各代表校の注目選手ということでこの人たちが登場です。
saki140906-2.jpg
長野・清澄から和、奈良・阿知賀からは玄ちゃんと憧。阿知賀メンバーを「かわいい」とするのはこっちも納得。これが普通の反応でしょう。ただ憧を援交キャラにする設定はやめてほしいけどな。
saki140906-3.jpg
他にもこれだけの人物が載っていた模様。
白糸台の1年生→大星淡
注目の留学生紹介→臨海女子の雀 明華やネリー・ヴィルサラーゼたちでしょう。たぶん
新道寺のダブルエース→白水 哩と鶴田 姫子
千里山の新エース→園城寺 怜
永水の新メンバー→黒糖をポリポリする滝見 春
こういったメンバーを相手に有珠山はどこまで力を発揮するのかな? つづく

次回は一ヵ月後。もう休載が当たり前になっちゃってるので何とかしてほしいものです。
咲-Saki-(13) (ヤングガンガンコミックス)
シノハユ(2) (ビッグガンガンコミックススーパー) *共に9月25日発売
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
阿知賀かわいいというのはちょっと…
かわいいですけど宥姉が写ってない状態の阿知賀がよりによって有珠山にかわいいと言われるのを見ると…
クロちゃんだけなんですよね、写真でかわいいのは。憧は咲のキャラのなかでは大したことないと思います。
2014/09/14(日) 13:32 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3232-fb701d4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック