昭和プロレスネタ満載の「紅の戦艦」が面白すぎる

senkan140914.jpg
以前『別冊漫画ゴラク』に連載していた「紅の戦艦」が、本誌である『週刊漫画ゴラク』でまさかの復活! 前作の7年後の設定で2ndシーズンが始まりました。前作の感想は下記をご覧ください。
 紅の戦艦 シリアスかギャグか!? 自称大和を巡る攻防
ここで書きましたけれど話そのものは"大和"を自称する謎の戦艦と、日本のイージス艦との攻防が描かれる真面目なもの。しかし登場するキャラクターが武藤や橋本や蝶野ら「闘魂三銃士」なのでギャグに見えてしまうのです。この2ndシーズンではこの傾向が更に加速して昭和プロレス時代好きにはたまらない面白さになってます。

先ず前作では首相が安倍さんに似ていたものが今回は馬場。その風貌から妥当な役どころでしょう。この馬場に北C国のスカッドミサイルが打ち上げ準備をしていると連絡が入る。いつもの打ち上げ練習だろうが万が一を考えて海自と米国のイージス艦は迎撃準備に。
senkan140914-.jpg
天龍が防衛大臣で、ラッシャー木村が官房長官。天龍のあの声(滑舌)で命令が正確に伝わるのかちょっと不安だ。木村は総理のことを「アニキ」の呼んでおり、得意のマイクパフォーマンスから官房長官はもってこいか。

打ち上げたミサイルのうち1発が失速して漁船団に当たるコースとぶつかってしまった! イージス艦"あなご"艦長の橋本は迎撃ミサイルを発射するも失敗。このままでは漁船団に命中してしまう…と思った矢先、謎の迎撃ミサイルにより爆破に成功。そのミサイルは自称"大和"(別名:紅の戦艦)からのものだった! バカな!あれは7年前に撃沈したハズなのに!?
senkan140914-1.jpg
まさか二番艦がいたのか? ともかく総理たちは集団的自衛権によって米国との協力による排除を決定。橋本はイージス艦"あんこう"艦長・蝶野と連絡をとって今後の行き先を見守ります。できるならまた撃沈などしたくありませんから…
けれど最新鋭の駆逐艦(イージス艦)を有する米国は実戦データを取りたいために戦る気満々。ちなみにこの艦は現在建造中のズムウォルト級というやつです。検索して調べてみてください。
それにしても戦う気に満ち溢れている米国の艦長はいったいどんな奴なんだ?
senkan140914-2.jpg
ホーガンかよっ!!
確かにこいつならそうするわな。念のため大和に呼びかけても何の返答もなし。やむを得ず武力排除の準備をするわけですが突如モールス信号が。信号内容はこうです。「JAPAN LOVE」と。
そして艦首に何か写ったぞ!? あれはまさか…
senkan140914-3.jpg
武藤だぁーーーッ!!
なぜ? どうしてそこに? それよりもそのポーズは!? 謎が謎を呼ぶ展開に笑いが止まらない、いや、目が離せないのでこれは是非とも読んで欲しい漫画です。
紅の戦艦 (ニチブンコミックス)
紅の戦艦 (ニチブンコミックス)
紅の戦艦  [Kindle版]
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なんかもうこの人らがクソ真面目な会話してるってだけで
ギャグが成立してしまうのが凄いですわ
2014/09/16(火) 08:51 | URL |   #-[ 編集]
プロレスと軍艦が好きな私には大変いいお話です。
2014/09/18(木) 17:04 | URL | 総統S #4DOcPobI[ 編集]
もう、この漫画がゴラクに収まって書店やコンビニの端っこに埋もれているというのが悲しい。
2014/10/21(火) 00:48 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3239-2fd19ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック