ニンジスレイヤー殺 1巻 海外発のサイバーパンク忍者小説を漫画化

ninja141014-2.jpg
ニコニコ静画『水曜のシリウス』連載、「ニンジャスレイヤー殺(キルズ)」の1巻です。
アメリカ人2人によるサイバーパンクニンジャ小説を漫画化。既にKADOKAWA系出版社から2つコミックス化してますが、これは講談社版になります。原作に準拠してるのが『コンプティーク』連載の"無印"に対して、いかにも少年漫画的に見やすい構成にしてるのが当漫画の特徴でしょう。

サイバー技術が発達した未来。映画に例えるところの「ブレードランナー」の世界のような時代、特殊な能力を持ったニンジャが横行し暗躍を繰り返していた。ニンジャ抗争により妻子を失ったフジキド・ケンジは自分も死の淵に立つ。そのとき、謎の"ニンジャソウル"がフジキドに憑依して一命を取り留めると共に「ニンジャスレイヤー」へと転生。ニンジャを殺すニンジャとなったフジキドは復習の炎を胸に今日もニンジャを血祭りに上げる…
ninja141014.jpg
外国人のイメージする日本はフジヤマ・ゲンシャ・スシ・ハナビといったところでしょうか。そんなイメージをそのまま小説(漫画)にしたのが当作品。ニンジャ同志が対峙したとき「ドーモ ○○さん (私は)○○デス」とお辞儀しての自己紹介が礼儀となってる世界感に笑みがこぼれてしまいますよ。
ニンジャの技、というかアクションも大胆になっており一発で決まってしまうのもしょっちゅう。これはニンジャスレイヤーを追う二人組。見開きで名前の紹介があったものの次のページであっさり死亡…
ninja141014-1.jpg
一人はたった一撃で全身がタテに真っ二つ! もう一人も地面に埋められてしまいます。いやはや何とも小気味好いアクションだこと。全編こんな感じですからね。
メインとなるのは妻子を殺した張本人・ダークニンジャとの戦い。ニンジャスレイヤーは強いがダークニンジャはそれ以上に強い! ピンチに陥ったときに師匠である"センセイ"の手助けが入る。が、そのセンセイさえも…
ninja141014-3.jpg
怒りに燃えるニンジャスレイヤーは新たな技を発動してダークニンジャに立ち向かった! この結果は自身でご確認ください。大胆なタッチと なぜか礼儀正しいニンジャたちにイッキに読んでしまうことでしょう。
ニンジャスレイヤー殺(1) (シリウスKC) ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース 【上】(ドラマCD付特装版)
ニンジャスレイヤー殺(1) (シリウスKC)
ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース 【上】(ドラマCD付特装版)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3266-3b57e048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック