UQ HOLDER! Stage.54 ナンバーズさえも毒牙にかかり絶望的状況へ

uq141015.jpg
『週刊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.54 ゾンビ化
全てのことをチャラにできる能力を持つキリエが小夜子の手に落ちてしまった! この状況を「ドラゴンボール」で例えると、"ドラゴンボールさえあれば死んだみんなを生き返らせれる"と思いながらドラゴンボール自体を破壊されてしまった気分と同じです。
でもアオリが「キリエが殺され…」となってるのはおかしいよね。キリエの能力は死が発動条件なのだから、小夜子にしても殺してしまっては本末転倒ですよ。ここは単に「奪われ」とかの表現にすべきだったかと。

刀太は右腕を破壊されるも重力剣により脱出に成功。返す刀でキリエもろとも真っ二つを試みますが小夜子の透過能力で素通りしてしまいノーダメージ。へぇ~小夜子の透過能力は手にしてる人物にも適用されるんだ。何気にスゴイです。
今度は小夜子の番。「魔法の射手 連弾・闇火の571矢」を繰り出します。「魔法の射手」はネギま時代にも使われてますけれど「571矢」もの数はとんでもなく多いです。
uq141015-2.jpg
これはネギま22巻202話から。まだ「闇の魔法」を会得する前で、ラカンに弟子入りするためにこの時点での最大魔法を繰り出す場面。光と闇との違いはあるものの、ここでのネギは101矢が最高なんです。それで小夜子が571矢ですからいかにスゴイかおわかりいただけるでしょうか。

小夜子の透過能力をもってしても九郎丸の斬魔剣 弐之太刀は防げない! 対魔物に特化した奥義ですからね。キリエを取り戻すことに成功したものの、次の行動までは読めませんでした。
uq141015-.jpg
キリエもゾンビ化しており噛まれてしまいます! 何てことだよ、不死者でありながらゾンビ化なんて。
ここで再び刀太の出番。今度は闇の魔法を使っての攻撃によりパンチと剣が当たる当たる! 同じ属性だから通用したということかな。トドメの一撃を食らわそうとしたとき、今度は刀太が餌食になってしまいました。
uq141015-1.jpg
九郎丸もゾンビ化していたのです。小夜子の言いなりとなって刀太の腹に大きな穴が開いてしまう…ってゆーか、胴体真っ二つだね。特製の魂魄侵食型屍鬼ウイルスだそうで、身体ではなく魂に憑りつくウイルスだとか。魂へのウイルスならば不死者であっても感染するのは当然か。

仲間が次々と敵に回るのはネギま時代にも無かった危機。フェイトとの戦いよりも苦しい状況を打破できるのか? ここで勝手に予測しますがこんな状況だからこそ夏凛ちゃんが地中から復活して欲しい。だって神によって不死者となった、正真正銘の聖女なんだから感染を浄化する光とかあって然るべきかと。 つづく
UQ HOLDER!(4) (講談社コミックス)
UQ HOLDER!(4) (講談社コミックス)
UQ HOLDER!(4)
UQ HOLDER!(4)[Kindle版]
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
次週が気になります!
いつも楽しく拝読しております。

キリヱちゃんの力ですぐに解決してしまうと、つまらなくなるのでこういう展開なのでしょうか。

そろそろ、夏凛先輩が心配になってきました!
公式では強いはずなのに、いつもやられている印象があります…。
2014/10/16(木) 08:47 | URL | キリヱちゃんファン #-[ 編集]
このままだと刀太君が負けてしまう
2014/10/26(日) 22:25 | URL | NAKATA #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3267-618976a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック