武装少女マキャヴェリズム 1巻 武装した少女に挑むは素手の男子

busou141024.jpg
『少年エース』連載、「武装少女マキャヴェリズム」の1巻です。
「しなこいっ(竹刀短し恋せよ乙女)」の原作・作画コンビによる新作は やはり刀剣を使ったバトル漫画。ただし主人公は防刃素材のグローブをはめるものの得物は使わず素手で戦います。

全国の問題児が送られてくる学校「私立愛地共生学園」は女生徒のみが護身名目で警棒程度の武器の携帯が認められている。中でもトップに君臨する選ばれし五人は「天下五剣」と呼ばれ帯刀が許されていた。
busou141024-1.jpg
これがその五人。太い字体は「キルラキル」を意識して採用したものかな? もう一人「女帝」と呼ばれる別格の人も存在しますがそれは割愛させていただきます。男子生徒も もちろん居るものの、この五人が強すぎるために頭が上がらず"オネエ"として過ごすしかありません。とゆーか、女生徒が男子生徒を支配してるというのが正解か。

そこに転校してきたのが主人公の納村不道(のむら ふどう)。自由を愛して誰にも束縛されないという振る舞いに目を付けられるのは当然の成り行きというもの。クラスメイトであり天下五剣 筆頭の鬼瓦 輪と戦うことになります。
ここで眼を引くのが剣術の詳細を説明しながらの戦い。これは「しなこいっ(竹刀短し恋せよ乙女)」でもありましたけど剣技を知る上で勉強──とゆーか ウンチクを知るのにタメになりますわ。

刀を使う輪に対して納村は防刃素材のグローブをはめるだけ。武器を使わず闘技だけで対するのが納村のスタイルなのです。膠着の後に訪れた一瞬の隙に懐に飛び込んだ納村が戦いを決します。
busou141024-2.jpg
それは寸勁(すんけい)と思われる一撃! これが納村の必殺技なのですが詳細は後に語られるでしょう。勝負は決したものの、ここでアクシデントが起きて輪とキスしてしまうわけですよ。しかも恥ずかしいからと付けていた仮面も割れて素顔も見てしまう。この一件から輪が納村を意識する存在になってしまうのは無理からぬことでしょう。
ともかく天下五剣の筆頭を倒したことにより納村には次々と戦いを挑む者が現れるという展開です。

前述しましたが剣を振るうに解説が入るのでウンチクを知る上で勉強になります。なんか最近多くない? 「テラフォーマーズ」「アラクニド」では登場した昆虫のウンチクが語られるしね。それとこれ↓には笑った!
busou141024-3.jpg
"ぶりぶり"だよー! まさかの登場にニヤニヤが止まりません。え? 意味がわからない? そういう人は下の動画をご覧になってください。原作者もこの動画を観たに違いないでしょう。


武装少女マキャヴェリズム (1) (カドカワコミックス・エース)
武装少女マキャヴェリズム (1) (カドカワコミックス・エース)
【電子版】武装少女マキャヴェリズム(1) (角川コミックス・エース)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おっさんなので
ぶりぶり知ったのは弐十手物語でした
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0123196
2014/10/25(土) 22:03 | URL | 大外郎 #VgROUqhk[ 編集]
記事を読み購入しました。実力派同士が競り合う戦いは面白いものです。
2014/10/28(火) 15:05 | URL | 電子の海から名無し様 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3274-9f818977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック