「ストライクウィッチーズ オーロラの魔女」最終回 イッルは新設の501へ

oorora141031.jpg
『娘TYPE』新連載、「ストライクウィッチーズ オーロラの魔女」の第12話 最終回
一年に渡り連載されてきた当漫画も今回で最終回になります。パンジャンドラム型陸戦ネウロイを撃退し、スオムス最大の危機は回避されました。これでしばらくはスオムスも安泰だろうという軍上層部の意見から、ブリタニア防衛のために新設された第501統合戦闘航空団にイッル(エイラのこと)を送り込むことを決定する──

サウナ部屋を掃除していたイッルのところに血相を変えたニパが走りこんできた。転属するって本当なのかと。答えはイエス。この掃除にしたって"立つ鳥跡を濁さず"の気持ちからですから。転属の予感はあったのです。ここ最近の補給の豪華ぶり──新型ユニットや最新武器の導入は「エースが抜けた穴はそれで補え」という意味が込められたものだったのです。

一緒に戦おうと言ったじゃないか、みんなで買い物にも行こうと言ったじゃないかとニパは食い下がる。けれどイッルの気持ちは変わらない。なぜならイッルが望んだことだから。スオムスを護るという気持ちと同時に思っていたのは、何のために戦うのか・何のために飛ぶのかということ。ブニタニアに行けばそれがわかるかもしれないと、気持ちが変化したそうだ。
oorora141031-.jpg
いずれそれは回りまわってスオムスを護ることに役立つんじゃないかなと説明するも、ニパは気持ちが動転してしまって泣きながら飛び出してしまいます。
 そんなの私にはわからないよ!!!
この言葉がイッルの胸に深く突き刺さるのでした…

泣いているところに現れたのはイッルの姉であるアウロラさん。ダダをこねたところでどうにもならないことはわかっていた。わかっているけれど気持ちが追いつかないのです。ここでアウロラさんが語ります。
oorora141031-1.jpg
離れ離れになったとしても 必ずまた交わる 戦友ってのはそーいうもんだ
年上の功って言うのですかね。ニパたち以上に生きてきたからには より多くの出会いを経験し、また より多くの別れも経験したハズ。そういった人生経験がこの言葉になってるのでしょう。
またニパたちが居るからこそ自分が抜けても大丈夫だと思っている。その信頼に応えてやれよ? との発言にニパのわだかまりは氷解していく──

輸送機で旅立つ時刻になってもニパは現れない。仕方ないという気持ちのまま飛び立つわけですが、ドラマティックな演出はここから。それはアニメ2期1話での坂本さんと芳佳のやりとりを彷彿させるものでした。
oorora141031-2.jpg
ストライカーユニットで追いついたニパは約束する!
だから 後は 私達に任せろ!!
突き出した拳は約束の印。それにイッルも応えます。同じく拳を突き出し「任せた!!」と! 泣かないと言えば嘘になる。けれどまた会えることを信じてルーッカネン隊長を始め全員が輸送機を見守るのでした。

イッルが基地に着いたのは夜更けになってから。着任挨拶をすべくユニット点検をしていた隊員に執務室の場所を訊こうとしたところ…
oorora141031-3.jpg
それがサーニャとの出会いだったというわけ! 別れがあれば出会いもある。501での二人の関係は語るまでもありません。 終わり

うーん…いい終わり方かもしれないけれど、ニパからすれば「そりゃないよ~」って思わずにいられないでしょう。別れてすぐ愛人を見つけた格好ですからね。ってか、イッルももう少しニパの気持ちに気付けなかったんでしょうか。それが残念です。
ストライクウィッチーズ オーロラの魔女 (1) (カドカワコミックスAエース)
ストライクウィッチーズ オーロラの魔女 (1) (カドカワコミックスAエース)
ストライクウィッチーズ オーロラの魔女(1) (角川コミックス・エース)[Kindle版]
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
移動後はサーニャの事しか考えてなかったエイラさん…
2014/11/01(土) 13:22 | URL | ゆとりある名無し #-[ 編集]
イッルにとってニパは戦友=所詮友達どまり…
2014/11/02(日) 11:25 | URL | 名無し #-[ 編集]
ニパはどんな気持ちでスターライトストリームにお便りだしてたんだろうね…………と思ったけど、ニパはニパでクマさんと仲良くしてるイメージが有るんだよね。
2014/11/05(水) 22:42 | URL | 名無し #-[ 編集]
後付け?だからエイラが微妙なキャラになるのもしかたないかもね
2014/11/12(水) 00:14 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3280-66bd9704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック