激マン! マジンガーZ編 ガッチャマンを観て火が点いた東映スタッフ

geki150115.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「激マン! ~マジンガーZ編~」の第15話
広告代理店・旭通信社にてマジンガーの製作スタッフの顔合わせが始まりました。旭通信社の担当プロデューサーは東 春日(実際は春日 東)、フジテレビのプロデューサーは別当光二(実際は別所孝治)が紹介されます。二人とも数多くのアニメを今後も担当していきます。別当プロデューサーは第二次特撮ブーム時の多くの特撮番組も担当したので、この当時のフジテレビの子供番組はこの人に頼っていたことになりますね。
また演出の芹川有吾と勝間田具治も紹介。脚本家もそうだったけどアニメスタッフは実名で書くのね。

卒なく済んだ顔合わせ。これでお開きかと思ったら違います。別当プロデューサーから見せたいものがあるという。
geki150115-.jpg
フジテレビは日曜の夜6時~8時にアニメ番組4本を続けて放送する予定。その中で10月から6時に放送する「科学忍者隊ガッチャマン」の第一回作品が既に完成しているので見て欲しいというのだ。
顔合わせの席で まさか他社が作ったアニメ番組を見ることになろうとは! いや、これこそテレビ局らしいハッパのかけ方といえますね。
geki150115-2.jpg
1話を見せた後にマジンガーはこれ以上に面白い作品にしてくれと。出来が悪ければ時間帯をガッチャマンと入れ替えると言われたんじゃ引き下がるわけにいきません。
ここで確認しますと
6:00 ガッチャマン
6:30 サザエさん
7:00 マジンガーZ
7:30 ムーミン
72年の12月からこのラインナップとなります。ちなみに今現在の7:00から放送してる番組はミラーマンです。またムーミンは12月いっぱいで終了。1月からは「山ねずみ ロッキーチャック」が始まります。その一年後からはお馴染の「アルプスの少女ハイジ」へと繋がっていくことに。
geki150115-3.jpg
ガッチャマンを見たことで芹川・勝間田の二人が声を出す。「ガッチャマンには負けません」「絶対 良い作品にします!」と。タツノコプロがここまでやったからには東映動画も負けられない! これぞ別当プロデューサーが狙ったことなんでしょう、他社作品を見せて やる気を引き出したわけですな。その甲斐あってか、マジンガーが大人気となるのは知っての通りです。 つづく
激マン! マジンガーZ編 (1) (ニチブンコミックス)
永井 豪&ダイナミックプロ
日本文芸社 (2014-11-29)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3345-a8c2477b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック