ラーメン大好き小泉さん 2巻 ラーメン食べて満足する小泉さんがイイ!

raamen150215.jpg
『まんがライフSTORIA』連載、「ラーメン大好き小泉さん」の2巻です。
1巻は買ってません! 最新号に掲載している名古屋編が早くも収録してるこの2巻を初めて買いました。だからといって何の問題もありませんよ。全て1話完結だから2巻からでも充分なんです。

転校生の美少女・小泉さんは人付き合いが好きではない。だって好きなのはラーメンなのだから! よって暇さえあれば一人で各地のラーメンを食べる日々。そんな小泉さんに興味を持ったのが悠。
raamen150215-1.jpg
一緒に帰ろうと誘ってもフラれる連続。けれど悠はめげません。ラーメンに夢中な小泉さんに夢中なのだから! そんな悠の視点でラーメンを食べる様子を描いたのがこの作品です。各地のラーメン店の食レポを小泉さんがやってる幹事ですね。

最初の十杯目に出てきた朝ラーメンの店は「ラーメン 凪 新宿煮干 新宿ゴールデン街店」。調べたらこの店は朝ラーどころか24時間営業の店じゃないですかッ。へ~こんな店あるんだ。こっち、愛知県の方では考えられませんよ。
十二杯目は新横浜ラーメン博物館。最初に入った店が「かもめ食堂」。二件目はドイツのフランクフルトにある「無垢-muku-ツヴァイテ」。ドイツのラーメンってチャーシューの代わりにベーコン、野菜はサワークラフト(酢漬けのキャベツ)などが入ってるのですね。
十四杯目が「一風堂」。十五杯目は「野郎ラーメン 秋葉原店」。ここの具沢山な"メガ豚野郎ラーメン"を豪快にすする小泉さんです!
raamen150215-4.jpg
身体に見合わぬその豪快ぶりに隣に座った中坊もビックリだ!! これを行儀が悪いと言ってはいけません。"郷は郷に従え"と言うように、ここではこう食べるのが礼儀ならばこう食べるべきですよ。
十八杯目は北千住にある「菊や」。ここは水色ラーメンだのアルカリラーメンだの変り種な種類を多く揃えてるのが特徴。検索すれば多くの人が食レポしてるので読んでみてください。
そして十九杯目が名古屋編。これは以前描いた下記記事をご覧ください。
 「ラーメン大好き小泉さん」が名古屋編なので反応してみた
スガキヤのラーメンフォークは掲載時では新旧が逆でしたがコミックスではちゃんとしたものになってます。それと台湾ラーメンを食べた二件目の店は東海地区でチェーン展開してる「藤一番」です。
ラーメンを食べ終えた小泉さんはいつもこんな満足そうな顔を!
raamen150215-3.jpg
か~わ~いい~~!
例えるなら仔猫ですね。他の事は我関せずと一人で行動するけど、そんなところが愛くるしいというのが小泉さんの魅力なんです。もしこんな顔で迫ってくれようものなら私は一発でオチるぞ。あぁそうともさ!
そんな愛くるしい小泉さんを君も"心の嫁"にしておいて欲しいな。
ラーメン大好き小泉さん 2 (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん 2 (バンブーコミックス)
ラーメン大好き小泉さん(2) (バンブーコミックス) [Kindle版]
ラーメン大好き小泉さん(1) (バンブーコミックス) [Kindle版]  *今、Kindle版のみ半額です
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
欧州ラーメン事情


ドイツ語が分かると言う事は……小泉さんはハーフなんでしょうか?ツヴァイテラーメンはどうも新横浜ラーメン博物館に出ている無垢ーmuku-(2014年6月営業、ただし“一年半の期間限定出店”)と言う所です。店主が元サラリーマン(食材卸業の営業マン)だったのでラーメンを作るには厳しい条件、麺も自家製でピザ用小麦とパスタ用デュラム粉を配合。だから見た目は普通だけど食感が日本の麺とは別次元とか。

一番古いのは1984年にフランスで開業した“ひぐま”、元は日本邦人を想定していましたが今では現地人が行列を作る店もある程です。

英国ではトンコツ、ドイツでは味噌と辛い味がこのまれるとか。


食べてみたいと言う方はお早めに、どうも一年半の期間限定出店なので。
2015/02/17(火) 22:31 | URL | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3371-318005c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック