「THE IDOLM@STER」 カメラは弟との懐かしい記憶の中に

idol150328.jpg
『月刊Comicレックス』連載、「THEIDOLM@STER」の第22話如月千早 2 後編
千早は先のレコーディングでディレクターに気に入られたことから、ミニアルバムはニューヨークでのレコーディングで行う話が舞い込んできた。765プロとしても初の出来事なことからプロデューサーはけっこう乗り気。でも当の千早は「海外でのレコーディングになにか意味はあるのでしょうか」と、特に気が進まない様子。今の私は歌えることが楽しいので、場所はどこでも構わないと。

そこに律子も加わって海外レコのメリットを説明します。先ずは話題性。それだけで宣伝の材料になりますからね。次いで優秀な機材やエンジニア、一流のミュージシャンと一緒に仕事が出来ることも大きいんだと。
idol150328-.jpg
プロデューサーからも お前をもっと純粋な音楽と触れさせてみたいと語られ、千早の気持ちは固まりました。
765プロ初の海外レコーディングが決まったことから驚く春香たち。千早は英語は話せないもののスタッフと一緒だから心配ないそうです。ただ気がかりなのはニューイヤーライブ直前に帰国すること。ろくに練習できないまま本番を迎えるので不安なようだ。

気が早く海外のおみやげについて話してると美希から「向こうの様子を写真に撮ってきて」と頼まれます。でもカメラなんて私…ということで、事務所のだろうカメラを小鳥さんから渡される。簡単な説明を受けて被写体を捜していたら春香たちが私達を撮ってと言ってきたので向けると…遠い記憶と繋がります。お父さんのカメラを持ち出して色々と撮っていたことを。
idol150328-1.jpg
そこにはもちろん優の姿も。にっこり微笑む優に千早も自然と笑うのでした──
うわあああ~~ん!(号泣)
卑怯だ! すごい卑怯だ! こんなの見たんじゃ泣くしかないじゃん! 泣くことしかできないじゃん!
ここのところを見てホントに切なくなりましたよ…
idol150328-2.jpg
最後は撮った春香たちの写真を見て微笑む千早。遠い日の記憶と重なって見えているのでしょうね。 千早編終了。
コミックス4巻が出ているハズなのですがなぜか書店を数軒見回っても置いてないんだけど? これは人気のために売り切れたと解釈していいんだろうか。
【Amazon.co.jp限定】THE IDOLM@STER (4) イラストカード付き (IDコミックス/REXコミックス)
まな 髙橋龍也 BNGI/PROJECT iM@S
一迅社 (2015-03-27)
売り上げランキング: 7
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
紫苑の花言葉は、
「追憶」「君を忘れない」「遠方にある人を思う」
まさにぴったりですね
2015/03/29(日) 13:03 | URL | 名無し #Xlf.8pIU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3407-ef3838c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「THE IDOLM@STER」 カメラは弟との懐かしい記憶の中に
2015/03/29(日) 02:04:02 | まとめBUZZ!