探偵少女アリサの事件簿 1巻 エプロンドレスの可愛い女の子は名探偵

arisa150409.jpg
『コミックスピカ』連載、「探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて」の1巻です。
「謎解きはディナーのあとで」が代表作である東川篤哉氏の同名の小説をコミカライズ。一般小説なんですが「ユーモア・ミステリー」を謳ってるだけに難しいようなところは全く無く、ラノベが原作であるかのようにすらすら読めました。

31歳にして なんでも屋を始めた橘良太のもとに仕事を依頼したのは高名な画家の息子。二人が一緒に居るときに叫び声がしたので行ってみれば、画家が殺されているではありませんかー!
警察が来て真っ先に疑われたのは部外者である良太だけれども、二人で一緒にいたことを息子が証明してくれたので解放してくれました。その後の捜査はあまり進んでない様子。
arisa150409-.jpg
後日、子守りの依頼を請けて豪邸で出会ったのが10歳の綾羅木有紗(あやらぎ ありさ)。「不思議の国のアリス」と同じエプロンドレスをした可愛い子なんですが、親がいないところでは態度がやたらとデカい!
 はぁ? お人形ごっこ? あたしが? あんたと?
 ねぇ おじさん あたしのこと ナメてんじゃないの?

なんてセリフをサラリと言ってのけます。彼女の両親は探偵だけにアリサも探偵を名乗っており、先の事件の捜査に首を突っ込んでいくことに。「名探偵コナン」がそうであるように、油断をして余計なことまで聞き出してしまうのは子供の特権と言えるものでしょう。
arisa150409-1.jpg
数少ない証拠から犯人を割り出したアリサ。私も読んでいて話がこう繋がるとは思いませんでした。
ちょっと理屈っぽいところのあるコナンとは違い、ストレート直球な点は個人的に○。何よりアリサが可愛いしね。このように出会った二人は今後も事件に介入していくことになります。
arisa150409-2.jpg
原作小説が4編収録なのでたぶん全てやるんじゃないでしょうか。原作は今のところ1巻しか出てないけれど続編は…どうなんでしょうね。
探偵少女アリサの事件簿 (1) 溝ノ口より愛をこめて (1) (バーズコミックス スペシャル)
森 ゆきなつ 東川 篤哉(原著)
幻冬舎 (2015-03-24)
売り上げランキング: 29,554
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2016/05/13(金) 12:14 | URL | 藍色 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3416-01b4ed16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
名探偵は小学生! ? 天才探偵少女とヘタレ三十男の迷コンビが難事件に挑む! 東川篤哉、最新ユーモア・ミステリ! 就職先のスーパーを誤発注した大量のオイルサーディーンとともにクビになり、 地元で「なんでも屋タチバナ」を始めた、俺、橘良太。 三十一歳、独身、趣味は ナシ、特技は寝ること。そんな平凡な三十男の俺にある日、子守り依頼が舞い込んだ。 報酬につられて出かけた豪邸で待ち...
2016/05/13(金) 12:11:35 | 粋な提案