男塾外伝 伊達臣人 死と引き換えにした極意で飛燕は敵を討つ!

date150413.jpg
『漫画ゴラクスペシャル』連載、「男塾外伝 伊達臣人」の第11話
不戒和尚と竹倫による活魂鐘で息を吹き返した飛燕。だがダメージは深刻だった。なにしろ背中から腹にかけて太い針が貫通したのだから。
 その傷…その出血量… 所詮は命の付け焼刃!!
 これ以上!! 死に損ないの貴様に何が出来るッッ!!

蝙蝠蝮(こうもりまむし)は高らかに哂う。確かにその通りだ。何もせずともこのままでは命が果てることだろう。
だがな…聴こえたのだ 私の名を呼ぶ… 声が! 思いが! 魂が!
date150413-.jpg
男ならば… その思いに応える為… 残された命を燃やすだけだ!!
そう言うや四肢に鶴嘴千本を突き刺した。これぞ鳥人拳極意 終焉節(しゅうえんせつ)! 男塾68話 大威震八連制覇のセンクウ戦にて使った技です。鶴嘴千本で神経節を寸断することにより一時的に肉体の運動能力を極限にまで高める反面、大動脈を傷つけるため大量出血による失血死は免れない! 正に死と引き換えに得られる大技です。

極限にまで高められた筋力で大ジャンプをする飛燕。二つの鶴嘴千本のうち、一つは蝙蝠蝮に投げて突き刺し、もう一つは天に向けて投げ放った!
date150413-1.jpg
するとどうだろう、蝙蝠蝮によって暗くなった空に突如 雷鳴が鳴り響いたではないか! そして落雷は空に放った針を通じて蝙蝠蝮に突き刺さっている針を目掛けて一直線に落ちていった!
 これぞ鳥人拳双針奥義 飛雷針!!

なぜ突如 雷が発生したのか? これは蝙蝠蝮が宙に浮き、太陽を黒く塗りつぶしたのと関係があります。それは電気コウモリの仕業でした。蝙蝠蝮は大量の電気コウモリを操って宙に浮き、太陽を覆いつくすことで自分の能力だと偽っていたのだ。また電気コウモリはその名の通りに日光を浴びることで電気を発生することができます。飛燕はその電気で落雷を発生させたのでした。
date150413-2.jpg
こうして逆転勝利を得た飛燕。だが彼の命も風前の灯。次回は最終決戦として伊達がようやく登場です。 つづく
極!! 男塾 (3) (ニチブンコミックス) *5月9日発売
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
命と引換の奥義・・・・・・
命を複数持っている・・・!?
2015/04/16(木) 01:21 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3419-b8680b66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック