「IS インフィニット・ストラトス」 ラウラのキスによりハーレム5人体制へ

is150418.jpg
『月刊サンデーGX』連載、「ISインフィニット・ストラトス」の第21話
学年別トーナメントはラウラのISが異形の姿──千冬さんのようなものに変貌する騒ぎにより中止に。一夏によって助け出されたラウラが目を覚ましたところから始まりです。千冬さんはアレが開発禁止になってるVTシステムだと説明。ドイツのエンジニアが密かにプログラムしたようで、操縦者の精神状態や願望によって発動するようになっていた。つまりラウラが「千冬さんのようになりたい」と望んだからこそ、あのような姿になったのだ。

「お前は誰だ」と問う千冬さん。「お前はこれからラウラ・ボーデヴィッヒになるがいい」「お前は私にはなれないぞ」と、"誰かのようになりたい"のではなく"自分自身の道を歩め"と優しく指南するのでした。

トーナメントが中止によって「優勝者は一夏とつきあえる」という一人歩きした特典も おじゃん。そんなことなど知らない一夏はいつものような唐変木ぶりを発揮して箒に訊くものだから、キツイ一発を食らいます。
is150418-.jpg
ちなみにこの場面、アニメでは画像のようにミゾオチに蹴りが入るものでした。アニメの方が漫画より数倍ヒドイ気がするな。こんなの食らったらしばらく歩けんぞ。
夜になってこの日から男子の大浴場の使用が解禁されたということで、一人でゆったりと浸かる一夏。そこにシャルが入ってきたじゃあーりませんか!
is150418-1.jpg
一夏の説得により学園に残ることにしたシャル。二人のときはシャルロットと呼んでと、本名を初めて明かします。
翌日、実家と決別したシャルル・デュノアは、本名のシャルロット・デュノアとして再入学となりました。え? 女の子だったの? 昨日、大浴場に一緒に入ったよね? とクラス中でちょっとした騒ぎに。ここに2組の鈴がドアを蹴破ってどういうことだと乱入してきました。アニメではここで鈴はISを装着して壁を突き破って入ってきたんだよね。しかも一夏に本気で発砲したという。こう見比べると漫画の方が極めて自然であり、アニメは過剰に演出してるなぁと思わずにいられません。逆に言えばアニメと違ったことをあえてしている漫画家の独自性が伺えます。
is150418-3.jpg
このドサクサにラウラが一夏にキスをした! しかも私の嫁にすると言ってますよ。ここに晴れて5人目のハーレム要員が誕生。メインどころが出揃いました。
こんな騒ぎを他所に千冬さんと、箒の姉である篠ノ之 束(しののの たばね)さんの会話がされました。
is150418-4.jpg
束さんが物語に本格的に絡んできたのは今回が初。一夏がISを初めて動かしたことや、最初の謎のIS乱入事件などはこの人が黒幕とも言われてます。今後、どういった波乱を巻き起こすんでしょうかね!? つづく
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3423-df270066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック