仮面ライダークウガ バッタ怪人がゲゲルのためにクウガを襲う!

kuuga150503.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「仮面ライダークウガ」のEPISODE.7
多発する連続飛び降り自殺。いや、事件なのか!? その真実はやはり怪人の仕業でした。ゲゲルという殺人ゲームが始まって、バッタ怪人のズ・バズー・バはその脚力を使って人間を瞬時にビルの屋上へ運んでは突き落としていたのだ。今度は女性が突き落とされて落ちていくときに五代は人前だろうと変身! 救おうとするも…間に合いませんでした。
目の前で救えなかった命を悔やむ五代。いや、こうもしていられない。また新たな犠牲者を出さないためにも早くあの怪人を止めなければ!
kuuga150503-1.jpg
そのバズーはゲゲルの監督をしているバルバ(バラのタトゥーの女)と会い、この時代にもクウガが出現したことを告げる。このことは先に戦ったコウモリ怪人が当然知ってるハズなんだけど、ちょっと頭が抜けているのか報告してませんでした。今や下僕に成り下がったコウモリ怪人は またしてもバルバのおしおきを受けるハメに…。余談ですがやはりMだったようでバルバから痛い目に遭うとむしろ喜んでいるみたいです。

バルバから命令されたゲゲルのノルマは「8時間で20人殺す」でした。ドラマにおける「二日間で81人を殺す」よりは楽ですか。ノルマをクリアすれば一ランク上の「メ」に昇格できるので、当初 バルバからの「クウガを倒せ」という指令を拒否するものの、「倒せば特別点を与える」と聞いて俄然やる気になった模様。
kuuga150503-.jpg
その頃、一条はどこぞの病院施設に居ました。ドラマとは違って妹がいて、過去に何らかの恐怖がきっかけとなってPTSDにかかり、思考が幼児に戻ってしまったようだ。こんな風になってしまったとはいえ兄には懐いているのがせめてもの救いでしょうか。
ドラマでは尊敬する父親から警察官になったのに対し、当漫画では妹を二度と怯えさせないためにも警官になったようです。桜子さんがコウモリ怪人の免疫をなぜか持っていたように、当漫画はところどころにオリジナル設定が加わってますね。

再びバズーと対面した五代。今回は子供を突き落とすも「二度と悲劇を繰り返さない」との決意に未然に防ぐことができました。ですが!
kuuga150503-2.jpg
強烈な蹴りを食らって吹っ飛んでしまいます。この様子を見ていたバルバは「まだ白か」と。やはり今の"白いクウガ"では荷が重いようだ。早く赤くならないと勝ち目はありませんが… つづく

コミックス1巻が7月初旬(たぶん4日)に出るそうです。だとすると夏のライダー映画と何かタイアップがあるかも?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3435-9b745454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック