「バキ外伝 疵面 総集編」を買ったー

suka150601-3.jpg
一週間後の6月8日に6年ぶりのコミックスとなる第6巻が出ることから、1~5巻の全話を収録した総集編が本日発売! 掲載時と同じB5サイズなので当時の雰囲気そのままに楽しむことができます。特別付録として板垣恵介氏 描き下ろしによる着せ替えカバー(画像右のやつね)が付いてます。

久しぶりに1話から読みましたけれど無口な分だけ行動で物事を語る、花山の魅力を再確認できました。メインは源王会のグランドマスターとの対決ですが、そうでなくとも対決する相手がスゴイ。
suka150601-.jpg
これは釣りに行って巨大ザメと戦うエピソード。サメが規格外のデカさならば、花山も人間とは思えない規格外の強さを示します。この間、松方弘樹さんが巨大マグロを釣ったとしてニュースになりましたが、このサメに比べたら全然大したことないね。

グランドマスターは組織力を生かして21部隊からなる狙撃を実施。これにはさしもの花山も心臓や脳を撃たれて命は風前の灯に。けれど死なせまいとやってくる人たちにウルッときちゃうんですねー。徳川のじいさんはオーストラリアで休暇中だった世界一の名医・鎬紅葉を一刻も早く呼び寄せるためにアメリカ海軍に協力を要請。ジェット戦闘機にて紅葉を運んでもらいます。その紅葉も着替えもせずに海パンのまま、病院上空でパラシュートで降下。あざやかに五点着地を決めて時間を取ることなく病院へ。
suka150601-1.jpg
その病院の外では芝千春たち暴走族「頑駄無(ガンダム)」のメンバーが声を張り上げて花山に"活"を贈る。これも全て花山に生きて欲しいがために集まったのです。何とも泣ける話だこと。
ただ、病院側にとってみればえらい迷惑だと思っただろうけれど…

そんな甲斐あって花山は危機を脱出。これでしばらくは安静に──ってなことにはなりません。
suka150601-2.jpg
心臓と脳の手術をしたばかりだというのに病院を抜け出してリベンジマッチに向かうとは、もう完全に人間じゃないですね。この続きが第6巻ですから楽しみに待つとしよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3458-5fc7af6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック