男塾外伝 大豪院邪鬼 第2話 俺は帝国を創るために男塾に来た!

男塾外伝 大豪院邪鬼 第2話 死天王・影慶

web漫画のため画像は使いません。後に鎮守直廊三人衆となる独眼鉄・男爵ディーノ・蝙翔鬼を赤子同然に倒した邪鬼。そこに現れたのは男塾死天王だった──
トビラ絵 見開きで四人が揃って並んでるところ、何か違和感があるのですがそんな気しません? 頭と身体とのバランスが悪いというか、どうも子供っぽく見えてしまうのですよ。

男塾最強は我ら四人。この中から一人選んで戦えということで邪鬼が選んだのは影慶でした。死天王のリーダーであり最強である影慶を見破ったのは流石です。こうして二人の戦いが始まるわけですが…またしても何かおかしい。そうだ! 影慶が毒手じゃないんだ! 腕先が変色しておらず「この毒手を食らえー!」といったセリフも無いことから、単にトーンの貼り忘れではなく"この時点ではまだ毒手の使い手ではなかった"と考えるべきでしょうね。

繰り出した手刀は全て見切られ 風圧だけで怪我をさせる邪鬼に対し、影慶は犇斧ヌンチャクを取り出した。これは大威震八連制覇で使用したものなので知ってる人も多いハズ。この猛攻に邪鬼はボコボコだーと思ったら無傷。堅砦体功によって胸を一瞬ながら鋼鉄に変えて防いだのです。この堅砦体功は桃と邪鬼が八連制覇で使ってます。

堅砦体功によって自慢の犇斧ヌンチャクも壊された影慶は問う。なぜ男塾に現れたのかと。これに邪鬼はこう答えます。
男塾を制圧し 俺の帝国を創ることだ!!
事実そうなります。しかも十数年も。ここに至るには暴力だけでなく信頼も必要。だから殺気を込めた攻撃をしなかったのですね。

最後になって敵が登場。なにせ竜巻を起こすような奴ですから一筋縄でない者に違いありません。 つづく
打ち消し文
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
忘れているようですが、影慶が毒手になったのは、大威震八連制覇の時に最後の手段として毒を手にかけてからですよ。
2015/06/30(火) 23:07 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3481-663ab3c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック