UQ HOLDER! Stage.85 髪の感触を思い出にキティとの別れを惜しむ

uq150701.jpg
『週刊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.85 何年過ぎても会いたかった
理屈はわからないがダーナをカウンターで ひと泡 吹かせたことから初心者修行を卒業。ようやく九郎丸たちと同じ魔獣退治に挑みます。黒棒に「今の俺なら行けるはず!」と話しかけながら構えたものの"ぷちっ"と ひと踏みで瞬殺。あのー、魔法能力は跳ね返せても、物理的な攻撃はさすがに跳ね返せないんじゃないのかなぁ? そもそもアレは咄嗟に生じたものだから、狙って出せるものじゃないんでしょうよ。

負けても明るい刀太にキリエは「女ね」と鋭い考察。九郎丸うんぬんはともかく、刀太がそれで希望を抱ければ全然OKだと思います。
そのキティと久しぶりの再会。刀太の「一週間ぶり」との言葉になぜか戸惑っているのは後述するとして、キティの新しい能力「人形使い」が披露されます。
uq150701-.jpg
うわー 茶々丸のプロトタイプでしょうか。もうこんな早くに出来上がっていたのですね。機械仕掛けで動くにはあと数百年後に葉加瀬が麻帆良にやって来るまで待たねばなりません。お茶を用意したけれど別れの鐘が鳴ってタイムアップ。別れ際に涙を見せたキティ。この涙の意味とはいったい?

翌日も会ったところ 礼と願いと別れを言いたいと。礼とは刀太の涙を浮かべての説得に死のうとは思わなくなったこと。
uq150701-1.jpg
別れとは会う時期がズレていること。刀太にとって昨日 一週間ぶりに会ったキティは、キティにとっては2年ぶり。今回も刀太にとっては翌日でも、キティにとっては8年ぶりだそうだ。次はおそらく40年後ぐらいだから今回が最後になるだろうと。
願いとは頭を撫でてくれること。10歳で別れることになった両親との思い出でもあるのでしょうね。
uq150701-2.jpg
頭を撫でられるのは18年ぶりとのこと。最後の願いがこれなのですから、よほどして欲しかったんだと思います。
ではその18年前とはいったい? と思って調べてみました。
uq150701-3.jpg
これで間違いないでしょう。Stage.80での出来事です。ここでキティと会った全ての回を書いてみます。
1. Stage.77 ダガー持って登場
2. Stage.80 ダガー持って登場。刀太の指から血を吸う。刀太に頭を撫でられる
3. Stage.81 ここからダガー無し。ダーナを殺るのはあきらめたらしい。刀太に気と魔力の扱い方を伝授
4. Stage.83 キティの過去を見てしまい、刀太ぶたれる。刀太「あんたに惚れてるからだ」と告白。
         刀太、ダーナをカウンターで ひと泡 吹かせる
5. Stage.85 今回 最初の再会。キティ別れ際に泣く
6. Stage.85 今回二度目の再会。←今ここ

4と5の間で2年、5と6の間で8年経ってます。2が18年前ですから、2と4の間は実は8年も経っていたことになります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
それでいいげとナギ(曾爺さん、ネギの父親)に会う事になるよそれで茶々丸はどうしたですか
2015/07/02(木) 20:05 | URL | NAKATA #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3483-23b07926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック