とある魔術の禁書目録 ビアージオを倒せ!当麻 怒りの顔面パンチ

index150710.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の94話
ビアージオの十字架を使った攻撃に当麻は倒され、今またオルソラも十字架の下敷きに。勝ち誇ったビアージオは氷漬け寸前のアニェーゼに高らかに告げる。要約すると「君は死ぬけどその代償で得た『刻限のロザリオ』によってローマ正教の敵となる学園都市などを壊滅できるから安心して死んでネ」と。
アニェーゼはこれを受け入れる。敵は排除すべきという考えは小さな頃から持っていたからだ。

でもこれに異を唱える者が居た。オルソラだ。十字架から抜け出して憎憎しいビアージオに「あなたは本当に猜疑でしか動けないのですね」と言い返す。人との関係を利害でしか計れず、感情で行動するのが理解できないのだと。
再度 十字架による攻撃を仕掛けたビアージオ。けれど今度のオルソラは手にしていた"蓮の杖(ロータスワンド)"を使ってダメージを受け流す。流した先はアニェーゼが捕らえられている氷でした。
index150710-.jpg
氷から抜け出したアニェーゼはビアージオに反旗。かつて攻撃したオルソラが命がけで救出しに来てくれたのだ。その恩に報いるのが筋であり、またビアージオの態度にも少なからず憤りを感じていたようです。
数の上では2対1と上回ったもののビアージオとて伊達に司教を務めてるわけではない。十字架の新たなる力──重力を使って二人を抑えこむ。これは当麻を倒したときに使ったものですね。ビアージオは十字架が持つ複数の意味を解放できるんだそうだ。

動けないのをいいことにアニェーゼの顔面を蹴るなど、読者の感情を逆撫でるビアージオ。こんなことしたら読者がアイツを呼び寄せるのは至極当然な流れというもの!
index150710-1.jpg
やっぱり生きてた当麻さん!
幾つもの十字架の下敷きになる直前に、床下を右手で破壊して脱出してましたとさ。懲りずに重力攻撃をしてきたところを右手を上にかざして無効化完了。さすがに二度も同じ手は食わないでしょうよ。じゃあ今度はこっちの番だと右手を大きく振り抜いた!
index150710-2.jpg
鮮やかに顔面にストレートが突き刺さったー!!
久しぶりの男女平等パンチですな。やれやれこれで ひと安心、だなんて思っていたら事態は急変。アニェーゼの胸元から氷が何本も生えてきたじゃないですか。そしてビアージオの手には…『刻限のロザリオ』が! 実はビアージオは霊装を介して『刻限のロザリオ』の製造を進めていたのだ。ただしアニェーゼが氷漬けになってないので未調整のままであり、このままでは使えません。
ではどうしようというのだ!? 使えない以上は敵もろとも自爆してやろうという魂胆なようです。

爆発した場合の被害は半径10キロはくだらないと聞かされて、オルソラはアニェーゼを連れて逃げるよう当麻は指示。当麻は一人残ってビアージオを止めるようだ。
index150710-3.jpg
ビアージオは半ばヤケクソのように最終決戦となりました。次回、この自爆を当麻は止めることができるのか!? つづく
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3491-0d5dc75e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック