激マン! マジンガーZ編 「あにまるケダマン」を終えて他の連載に取り組むものの…


geki150807.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「激マン! ~マジンガーZ編~」の第25話
1972年10月末に出た少年サンデーを読んで感慨にひたっている激。この号をもって「あにまるケダマン」の連載が終了したからだ。この当時の激は週刊少年誌4誌に連載中。全てがギャグ漫画ならともかく(実際、5月まではそのように全てギャグ漫画でした)、デビルマンとマジンガーZの2つのストーリー漫画を描くことになって負担が増大。このままではやっていけないからと「あばしり一家」と「あにまるケダマン」のどちらかを終了することにして、悩んだあげく ケダマンを終了させたわけですね。

こうして連載は少年誌3誌に縮小させたものの、結局はこれで留まりませんでした。デビルマンはストーリーが進むに連れて更に負担が増大したことから、73年の4月初旬をもって「あばしり一家」も終了することになってしまいます。この件についてはいずれ描かれるかもしれません。

そんな激のもとにマネージャーのタカシが朗報を持ってきた。マジンガー1話の試写の日程が決まったそうだ。
geki150807-.jpg
場所は大泉にある東映動画のスタジオではなく、銀座の「丸の内東映」がある本社ビルの試写室で。わざわざ本社の試写室でやるってことは自信の表れであり、本社の人たちにもアピールしたい狙いがあるようです。これを聞いて激は「期待できる」と声を上げる。事実、大ヒットしたことは説明するまでもないですね。

マジンガーの描き直しはドグラをブレストファイアーで倒すところから。倒して降りてきた甲児を鉄仮面が狙撃しようとするオリジナル展開がありました。
geki150807-1.jpg
それを拳銃で撃ち抜いた暗黒寺警部。拳銃のことをシローに言われたところ「見かけ」はショボイがよ 中身は光子力の」と、拳銃に光子力が使われているような素振りです。えーと、これって何ですかね? 『真マジンガー 衝撃!Z編』にあったネタでしょうか? ともかく私は意味がわかりませんでした。

それと笑えたのが以下の件。敵はあしゅら男爵という奇怪な人間ということで、甲児が似顔絵を描いたのですよ。
geki150807-3.jpg
      なんだこりゃwww
甲児は絵を描く才能が無かったのですね。アメトーークの絵心ない芸人に出られそうです。またツインテールの女性型アンドロイドのガミアQが早くも登場。ってことはニセモノのマジンガーが出てくるエピソードが丸ごと飛ばされたことになります。 つづく
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そういえば暗黒寺警部はZ編では終盤くろがね屋から仕入れた超合金Z製の弾丸を使って敵と白兵戦をしていましたね。
Z編ではこのほかにも超合金Z製の武器が登場しており、ロボット戦以外の肉弾戦も充実していた気がします。
2015/08/08(土) 22:25 | URL | そそ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3514-da277426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック