「IS インフィニット・ストラトス」 一夏の「可愛いよ」にドキドキが止まらないラウラ

is150820.jpg
『月刊サンデーGX』連載、「ISインフィニット・ストラトス」の第22話後編
うわ~! 今回の話はアニメ1期9話で飛ばされた原作部分を描いてます。つまりアニメしか観てなかった人からすれば、1話丸ごと新作エピソードという状態になってますので興味があったら是非とも読んでみてください。

織斑先生と二人きりの一夏。いや、今は就業中でないので名前でいいと。久しぶりの姉弟だけの時間だからか、千冬姉さんもちょっと大胆になって新しい水着は白がいいか黒がいいか選べという。授業時間は厳しい態度を取るけれど、二人しかいない家族だけに本当は優しいことが伺えますね。

一夏はちょっと迷って黒の方がいいかな? でもアダルト過ぎると男が寄ってくるんじゃないのか? いや、俺の大好きな千冬姉さんだからこそ絶対寄ってくるに違いない! こう結論づけて白とするも千冬姉さんは何でもお見通し。お前は昔から気に入った方を注意深く見るからと、黒に決めたのでした。ではアニメではどのような水着姿になったのかは下記のレビューサイトをごらんください。
 『IS インフィニット・ストラトス』9話感想 水着回最高すぎる・・・まさに神回!

私はともかくお前の方はどうなんだ? そうだな、ラウラなんてどうだ? との言葉に「可愛くはあると思うけどさ」とつれない返事。誰もが思ってる朴念仁だけに恋愛ごとには興味がないようだ。けれどこの返事を立ち聞きしてしまったのは、他ならぬラウラ本人だったからさぁ大変!
is150820-.jpg
私が可愛い…? 好きな一夏からの言葉だけに心臓ドキドキバクバクが止まらない! キャーいったいどうしよう。そうだ、こんな時にはと電話したのはドイツIS配備特殊部隊(通称 黒ウサギ隊)の副隊長・クラリッサ。この人ですよ、日本文化を知ったかぶりして「一夏を私の嫁にする」などと変な言葉のアドバイスを寄こしたのは。

直接「可愛い」と言ったわけではないけれど、本人のいない場所での褒め言葉にはウソはないだろう。つまり"脈あり"だろうとの推測にラウラの笑顔が止まりません! ところで臨海学校での水着は? との問いに「学園指定のスクール水着」とラウラ。
  何を馬鹿なことを!
叱り付けるクラリッサです。それも悪くはないだろう、男子が少なからず持つというアニア心をくすぐるだろうから。でもそれでは…
is150820-1.jpg
色物の域を出ない!
クラリッサの熱い語りが続きます。隊長は豊満なボティで男を篭絡させるタイプではない。透き通るような白い肌に輝く銀髪、抱きしめれば折れそうな華奢な体躯、そこを攻めるのだと教えるのでした。あのー、黒ウサギ隊って日ごろは一体何をしてるんでしょうね。こんなことばかり考えてない?
is150820-2.jpg
一方、箒も水着を買いに来ました。積極的な店員の勧めで決めたのはこのビキニ。次回から臨海学校なので水着がたくさん出ますよーっ! つづく
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3525-c60d30b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック