零崎軋識の人間ノック 2巻 魔法少女・玉藻ちゃんの潔さに惚れた


zerozaki150821.jpg
『アフタヌーン』連載、「零崎軋識の人間ノック」の2巻です。
裏社会に7つある殺人組織「殺し名」の中で、序列三位に位置してるのが零崎一賊。この一賊の新たな仲間になるかもしれない赤神財閥のご令嬢・赤神イリアを救出すべく、零崎双識・零崎軋識・零崎人識の3人が敵地の竹取山に侵入する。この2巻は大雑把にこの3人の戦いが描かれました。

先ずはタイトルにもなってる零崎軋識から。戦う相手として登場したのは鉄仮面のメイドさん。あ、「仮面のメイド ガイ」とは全く違いますから。
zerozaki150821-.jpg
軋識は釘バットを手にして本気で殺しに行くも、それをヒラリとかわされたことに驚きます。「相手にとって不足無しってところっちゃか?」一見は冷静でも汗してるところから、「思った以上にやるな」とか「ちょっとヤバイかも」などと思ってるみたい。スカートの下にスパッツを穿いてることは確認済みなのでドキドキできないのが残念だ?
zerozaki150821-1.jpg
零崎双識は赤神イリアが一賊に入って妹になることを想像してウキウキ気分…ってときに いきなり頭部に衝撃が! まさか撃たれたのか!? いや、痛みはあるけど血は出ていない。その後も立て続けに「何か」が飛んできて双識は かわすのに精一杯。撃ってきたのは実はゴム弾。「殺し名」序列二位の暗殺集団「闇口」のメンバー・闇口濡衣よるものでした。「殺し名」を名乗るからには殺意ある銃弾を察知して避けることは当たり前。けれど殺意の無いゴム弾は察知できない。そこを利用して弱らせた上で始末しようというわけですね。
地味なれど確実な方法に双識はどう対処する?
zerozaki150821-2.jpg
最後の零崎人識と当たったのは1巻でも戦った西条玉藻ちゃーん。あ、魔法少女を名乗ってるけどむしろ狂戦士ですから。以前の戦いで相手を認めるというか、また戦ってみたいと思った相手です。けれど今のオレは右手を骨折。これじゃ正々堂々と戦えないじゃないかーっと残念がる人識。
ならばと玉藻ちゃん、自分も右腕を自ら折っちゃうんですねー!
人がいいっちゃそうだけど、躊躇なく相手に合わせて戦おうとする玉藻ちゃんに惚れた!

でもこれを上回る衝撃的な出来事が発生。二人が戦ってる最中に、「殺し名」序列一位の殺戮奇術集団「匂宮雑技団」の匂宮出夢が突如乱入。玉藻ちゃんを瞬殺してしまいます。
zerozaki150821-3.jpg
これに怒りが収まらない人識は当然、出夢との戦いに。序列一位の格上相手にいったいどう戦う?
零崎軋識の人間ノック(2) (アフタヌーンKC)
チョモラン
講談社 (2015-08-21)
売り上げランキング: 528
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3526-ced787e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック