UQ HOLDER!で近衛木乃香の孫が登場した件についての考察

ネギま由来のキャラが登場した嬉しさから二日続きでホルダーネタにしてしまいました。今回は昨日、気付かなかった点について。ずばり「近衛帆乃香が木乃香の孫にしては歳が若すぎやしませんか?」ってこと。

前提としてネギのクラスメイトだった生徒たちは例外(さよちゃんやエヴァなど)を除いて1988年4月1日~1989年3月31日生まれです。ここはわかりやすく1988年で統一しますね。
木乃香は2017年に結婚しました。年齢にして29歳です。仮に35歳で出産したとしましょう。2023年となります。
一方、帆乃香は2087年の現在において12歳。ってことは2075年生まれとなります。
もうお気付きですよね? 2023年に生まれた木乃香の子供が2075年に出産したとなると52歳で出産したことになります。
  いくらなんでも出産するには遅すぎやしませんか?

まぁ木乃香が40歳で出産したとしても47歳。…可能性はあるかもしれないけど疑問の範疇だと思います。もっとも科学の進歩と魔法の普及によって高齢出産が不自由なく出来るようになったとすれば、こんな疑問など水泡ですがね。
むしろここは早く結婚して帆乃香にとって木乃香は ひいおばあちゃんにすべきだったと思いますよ。
uq150923-6.jpg
画像上は今回登場した、98歳の いいんちょと孫。高飛車なところは おばあちゃんそっくりですわ。
画像下はネギま38巻352時間目に登場。この時 いいんちょは「もうすぐ2090年」と言ってることから現在(2087年)とほぼ同年齢時に撮影した映像になります。さすがにあまり変わってません。右は帰ってきた明日菜をネギの墓に連れて行った子で、いいんちょのことを ひいひいひいおばあちゃんと言ってます。孫世代からしたら随分とカドが取れた性格になりましたね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
軽めに考えると木乃香と刹那が結婚して割と高齢になってから子供が欲しくなって「ips細胞で同性の間でも子供出来るらしいですよ」展開→その子供から生まれたのが今回出てきた2人。
重めに考えると刀太と同じく、それぞれ木乃香と刹那の直接的なクローン。
まあ刀太が近衛性のことからクローン事件に近衛家が関わってる事は間違いないし、年齢的な部分は割とどうとでもなるような気がする。
2015/09/25(金) 08:50 | URL | 名無し #-[ 編集]
12才の子供からすればひいひいお婆ちゃんもひいお婆ちゃんもお婆ちゃんも結局おばあちゃんだから言い方の問題ってのもあるかもね
でもクローンの可能性の方が高い気がする
2015/09/25(金) 10:40 | URL | 名無し #-[ 編集]
別の次元なのかもね
要はパラレルワールド
2015/09/25(金) 19:52 | URL | 名無し #-[ 編集]
雪広家や近衛家は各方面に大きな影響力がある
世界を変えるのにまさか一世代で関係を終わらせるにはいかない
子供世代に対してもネギは頻繁に交流していた可能性がある
…という感じ?
まあ単行本で修正すればそれまでだけど
2015/09/26(土) 20:10 | URL | 名無し #-[ 編集]
近衛木乃香と桜咲刹那が結婚したと仮定したらその子供は妖の血が混じっているわけで長生き晩婚・遅い出産でも別に不思議じゃない。
なにより管理人程度の頭で思いつくようなことは作者もとうに把握してるだろうからなにがしかの理由付けはあるに決まってるでしょw
2015/09/27(日) 22:37 | URL | 名無し #-[ 編集]
俺や自分の達の世代にょって違うの道がありますドラえもんののび太の孫は2087年の頃は12から13歳ぐらいでだと思いますよ火星は流れている水が発見にされましたけど生命体が未だ存在があります
2015/09/29(火) 22:45 | URL | NAKATA #-[ 編集]
刹那は高速巡航宇宙艇を購入し宇宙時代初期に活躍しています。
この「高速」が「光速」近くまで達するなら、相対性理論に基づき宇宙艇内の時間の進みは地球(など)に比して遅くなります。
いわゆるウラシマ効果。

帆乃香も宇宙艇で暮らしてきたとすれば、「12歳」も生まれてから12年とは限らず、もっと経っている可能性がありますね。
2015/10/01(木) 12:24 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3555-454d8cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック