激マン! マジンガーZ編 マジンガーZ放送開始!高視聴率に激は湧く

geki150926.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「激マン! ~マジンガーZ編~」の第28話
マジンガーZついに放送開始! 激はスタッフ全員と一緒に見たそうだ。試写会のときは大きなスクリーンだったけれど、これは普通のテレビ。テレビでは巨大感が感じられるのか不安だったけれどそれは杞憂に終わりました。
ではスタッフの意見は? スタッフからも高感触だったようです。アニメのデビルマンは既に始まっているけれどアチラは原作とはかけ離れてました。でもマジンガーは(少なくとも1話は)原作を基準。自分たちの手掛けた漫画の延長上にあるアニメということで、より実感を得たのではないだろうか。

私もおぼろげながら1話を見た覚えがありますよ。でもより印象にあるのはその先週。先週までフジテレビ日曜の7時は「ミラーマン」を放送してまして、最終回では子供向け番組としては珍しくキスシーンがあったんです。その照れ恥ずかしさ今でも忘れられませんね。
geki150926-.jpg
後日、視聴率がマネージャーのタカシから告げられた。一回目から驚異の16%越えだったらしく、大ヒットになると関係者一同が大喜びだったそうだ。事実、それは本当となってグレート・グレンダイザーとシリーズが続くほどにヒットしたことは語るまでもないでしょう。
そのタカシはジャンプの長根編集長のお誘いで、今から銀座に行くそうだ。俺も行きたいと言う激だけれど、飲みに行ったら確実に締め切りに影響が出ることから泣く泣く断念。タカシは慰めなのか本気なのか「気が引けてイヤイヤ行く」なんて言うものの、実際は…だろうね。
geki150926-1.jpg
マジンガーの連載をシブシブ受けることになった編集長なのに、視聴率が良かったことを聞かされて上機嫌。「最初から良いぞと思ったんだよ」なんてよく言えたもんだ、コノヤロー!
ただしこの笑顔もそう長くは続きませんでした。色々な思惑によって来年の8月をもってマジンガーの連載が終了してしまうのですけれど、これはいずれ紹介されると思います。
geki150926-2.jpg
マジンガーの描き直しはガミアQに襲撃されてる甲児。この間に東京では2体の機械獣が出現。この襲撃は甲児の抹殺と足止めを兼ねていたのだ。更に東京へ向かったアフロダイAが3体目となる機械獣に襲われて、かつてない危機に見まわれた甲児はいったいどうする? つづく
激マン! マジンガーZ編(3) (ニチブンコミックス) *10月19日発売
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3556-42c20eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック