メンヘラ刑事 2巻 意外な真犯人。10年前の事件に決着を!

menhera160107.jpg
『ヤングマガジン海賊版』に連載していた「メンヘラ刑事」の2巻(完)です。
兵庫県警捜査一課に配属された自殺願望のあるエリート刑事・梅林寺凜々子(通称 メンヘラ)と、脳筋熱血刑事・竹山弥生がコンビを組んで事件を解決! って、1巻では凜々子のメンヘラならではの推理力によって凜々子だけが目立ってましたがね。
  メンヘラ刑事 1巻 自殺願望のある女刑事が独自の視点で事件を解決

今回、コミックスの約1/4ぐらいが忌まわしい10年前の水族園事件の回想でした。実は凜々子と竹山の二人ともが この事件の生き残り。凜々子はここで心に大きな障害を負い自殺願望を抱くようになったのです。また竹山も尊敬する先輩刑事を亡くし、幼稚園の先生を救えなかった後悔から記憶障害になっていました。
その主犯格・カヲルが1巻で爆弾犯として登場。このカヲルを捕らえるまでが2巻の全貌です。

さて、このカヲルは凜々子が気に入ってるようでストーカー行為を繰り返していた。どういう手段を使ってるのか知らないけれど常に監視してるのです。それを逆手に取って凜々子がとった大胆な行動とは…
menhera160107-.jpg
竹山と二人でラブホにチェックイン! そういう行為をして悔しがらせようという作戦です。いや、これは作戦と言えるものなのか? まぁさすがにしませんが凜々子の胸には10年前にカヲルに傷つけられたのだろう、×印が刻まれているのを見てしまう竹山。凜々子は精神的にも、外見的にも10年前に縛られていることを知ってしまうわけですね。
menhera160107-1.jpg
ところが状況を一変しかねないことが判明します。爆弾事件での監視カメラの映像に、凜々子らしい人物がカヲルに変装している場面が映っていたのだ。これはもしや二重人格というやつか? どおりで捜査しても該当する人物が見つからないわけだと竹山は懐疑的になります。
けれどそれでは10年前の犯人は誰? となってしまうわけで、そこんところはあっさり解決。終盤になって遂にカヲルを追い詰めた!
menhera160107-3.jpg
さぁカヲルの正体は…という場面ですけど私は「ふーん」程度にしか思えませんでした。意外っちゃ意外ですがその人物が特に気にも留めないような人だったので びっくり仰天とまでいかなかった次第です。とはいえこれで10年前の決着がついたわけでして、凜々子と竹山は新たな一歩を踏み出すのでした。
たった2巻で完結なのが惜しいです。原作2巻分のコミカライズも是非!
メンヘラ刑事(2)<完> (ヤンマガKCスペシャル)
メンヘラ刑事(2)<完> (ヤンマガKCスペシャル)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3646-07e1ec2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック