男塾外伝 伊達臣人 槍を手にするのはこの俺だ!しかし刺客が次々と

date160112.jpg
『漫画ゴラク スペシャル』連載、「男塾外伝 伊達臣人」の第20話
「如意棍槍」の守り手であるセンクウの"そっくりさん"沙悟錠(さごじょう)に認められ、槍のある場所までやって来た伊達。いざ手にせんとした時に「待ちな!!」と声を掛けたのは赤石剛次? いや、この漫画では外見や使う技が同じでも名前が違う"そっくりさん"なのが通例。やはり名前は違ってゴクウでした。これによりゴクウ・沙悟錠(さごじょう)・守八戒(しゅはっかい)が揃ったことに。伊達を三蔵法師に見立てて、この四人でどこかに行こうとするのが今後の展開かな??

明石、じゃなかった、ゴクウも沙悟錠に認められた数少ない人物ながら、槍を手中にできないでいた。そもそも宝槍である「如意棍槍」を どうぞどうぞと簡単に差し出すわけがない。沙悟錠が認めたのは「槍を手にできる権利」であって、槍そのものを手にするのは己の実力なんです。
どういうことかというと石に突き刺さっている如意棍槍は漢術・咒羅免魂(かんじゅつ・じゅらめんこん)により槍が選んだ者だけにしか抜けなくなっているのだ。無理に抜こうとすると高圧電流が流れるが如く激しい抵抗に遭って、触ることすらできないのです。

これを聞いて伊達は「気に入った」「ますます欲しくなったぜ」と、槍に手をかける!
date160112-1.jpg
やはり槍は拒否反応を示して伊達は衝撃に包まれた。全身から沸き立つのは焼けた身体の蒸気だろうか、とても生きていられる状況ではない。しかしそれでも伊達は手を離さない! すると槍が刺さっている石に亀裂が。まさか!
 選ぶのは槍(てめぇ)じゃねえ──
 選ぶのはこの伊達臣人だ

言うや遂に如意棍槍を引き抜いた伊達。こうして如意棍槍は伊達のものになったのですね。

けれど代償は大きくさすがにすぐには動けない。そこを襲ってきたのは とある兄弟の殺し屋。名前はありますけど5ページで消える"捨てキャラ"の名前など書くこともないでしょう。蝮四兄弟との獄兇制覇の勝者・伊達を葬れば名が上がるとの理由で襲ってきたのです。
date160112-2.jpg
危機的状況を剛刀で一閃したのがゴクウ! 動けない今を狙って襲うなんてヤボだぜってことで助けるとは人がいいなぁ。でも本当は人助けではないみたい。 獄兇制覇の勝者とあらば話は別と、ゴクウも伊達に戦いを挑みます。前に話に上がってた"八凶の戒"とはこのように次々と刺客に遭うことを言ってるみたいですね。
ともかく伊達とゴクウの戦いが勃発。いったいどうなるのか楽しみだ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あれっ!?
今度は赤石じゃねぇか( ⊙⊙)!!
しかも魁初登場時の格好だぜ😁😌
赤石先輩がゴクウなら、三蔵法師が誰がするのでしょうwww
2016/01/13(水) 02:32 | URL | じよん #-[ 編集]
もしかして、偽名で本人かもしれない。
元々、伊達は教官殺しで塾長が探していたからセンクウや赤石は偽名を使い、伊達の男を見極めようとしているのかも。
結果、問題なしと判断して塾長に報告するとか。
2016/01/13(水) 09:47 | URL | N #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/01/16(土) 12:32 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3651-d184d445
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック