アースロコロッサス 1巻 侵略者に立ち向かうのは古代兵器の仏像!

arthro160125.jpg
『コミックフラッパー』連載、「アースロコロッサス」の1巻です。
内気な高校生・丹羽千尋は白昼夢をよく見ることがあった。しかも現実と空想とがごっちゃになってしまうことも。だから夢で見た彼女が目の前に現れたときも、空想とごっちゃになってると思うほかありませんでした。
arthro160125-.jpg
彼女とぶつかって倒れる千尋。やっぱり夢だよなぁ、でもこの感触は本物? 彼女は一言二言なにか言ってから消えてしまった。消えるなんて信じられない。やっぱりあれは夢…だったのか?

千尋は内気な故に友達がいじめられていても助けることができなかったことを悔やんでいた。奈良での修学旅行の最中で、そのことを咎められたことにより精神が混乱。例によって現実と空想とが入り混じったとき、それは突然現れた!
arthro160125-1.jpg
巨大な遮光器土偶が現れ、その攻撃によってクラスメイトが、いや、観光客の多くが成す術なく殺されていく。信じられない光景にそれこそ夢を見ているのではないかと疑う千尋。さらに千尋を助ける謎の犬(これも遮光器土偶のようなヘルメット?をしてます)が登場して助かる方法をアドバイスしてくれます。
そして金剛力士像の前に立ったときに像が突如動きだした!
arthro160125-2.jpg
腹が割れて現れたのは操縦席。言わずもがな"乗れ"ということですね。助かるには乗るしかない。乗ったからには戦うしかない。でも怖いから嫌だ! という感情は当然のことですね。結果、成す術なく攻撃されっぱなしになるわけですが、そこに援護に入ったのがもう一体の金剛力士。そう、彼女──アランが操縦する機体です。
敵の正体はいったい何か? なぜ千尋が操縦者に選ばれたのか? アランとは何者か? 物語が動き始める!

なんかさぁ、全てにおいて「どこかで見たような」気がするんだよね。絵の雰囲気はカサハラテツロー、残酷描写は鬼頭莫宏、戦いたくないけど女の子を助けるために戦うところはエヴァンゲリオンといった具合に。でも既視感があることが かえって身近に感じられます。終盤に登場した千手観音は敵か味方か!?
アースロコロッサス (1) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
東裏友希
KADOKAWA/メディアファクトリー (2016-01-23)
売り上げランキング: 1,674
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
たーんえーふぇーどいーんろくしんがったーい
>侵略者に立ち向かうのは古代兵器の仏像!

え?ホワイトドールがどうしたって?

勇者の方のライディーンとか、六神合体さんちのゴッドマーズとかも、神像の中から出てくるんだっけか。なんか探せば他にもゴロゴロありそうな。

「どこかで見たような」がそこだけならいいけど、全部だと苦しいかもなあ。
2016/01/26(火) 02:24 | URL | 名無し #-[ 編集]
戦う仏像ってのはGANTZっぽい
2016/01/26(火) 10:12 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3662-04d04bed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック