「艦隊これくしょん 水雷戦隊クロニクル」 成すべき作戦はある!勝率が0%でも

kancolle130126.jpg
『月刊コンプエース』連載、「艦隊これくしょん -艦これ- 水雷戦隊クロニクル」の第22話
このところ続いていた霞たち横須賀艦隊 第十八駆逐隊と特別艦隊との戦いが遂に決着。たとえ一隻になろうとも諦めず戦い続けていた霞が倒されたことで特別艦隊の勝利で幕を閉じました。前回の陽炎のセリフからまだ何かあるんじゃないかと思っていただけにちょっと肩透かしを食った気分です。でも陽炎がまだ健在だと思わせ夕立が確認のため隊から離れたのだから、戦力を分散させることには成功してますね。それを証拠に最後の攻撃で榛名を大破させたのですから。

明日はいよいよ私たちの番だとブリーフィングする暁たち第六駆逐隊。でもその口調は重い──
kancolle130126-.jpg
作戦参謀的な役割をしている響が言うには「勝ち目は100%無い」とのこと。私たちが考えていたのは第十六駆逐隊の天津風がやっていた、探照灯にて敵旗艦を照射して雷撃戦に持ち込む方法。けれど私たちより練度の高い第十六駆逐隊でありながら成功しませんでした。それより更に練度の高い今回の 第十八駆逐隊は探照灯ではなく照明弾を使ってみてもやはりダメ。これでは勝ち目がゼロなのは当然だろう。

 …作戦ならある

意外なことに響には策あるらしい。それを聞いた皆の反応は…
kancolle130126-1.jpg
声を失ってます。さぞ無茶かつ大胆な作戦なんでしょう。雷が勝率を訊いてみたところ「わからない」とする響。作戦そのものが正しいのか間違いなのかわからないそうだ。

「やるわよ その作戦」と乗り気なのは暁。勝率が0%でなくなるのなら何だってやるみたい。雷にしても「わからないってことは勝算はあるかも」と、やはり やる方向で気持ちが決まったようだ。
kancolle130126-3.jpg
そして翌日。いよいよ特別艦隊と対峙する第六駆逐隊。響の作戦が何なのか大いに気になります!
上の画像は出陣直前の皆の後ろ姿。ここまで艦娘の背部を細かく描いた人は少ないんじゃないの? 艦底にはスクリューと舵が付いていて、大きな碇が目立ちます。この艤装は作戦に合わせて用意したってところですかね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3663-df05ac54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック