男塾外伝 伊達臣人 唸る蛇轍槍! 一同が目指すのは武闘大会・死婁駆道

date160209.jpg
『漫画ゴラク スペシャル』連載、「男塾外伝 伊達臣人」の第21話
伊達を襲った刺客を倒したと思えば伊達に刃を向けたゴクウ。その真意とは? ゴクウは本当に伊達の命が欲しいわけでなく、伊達の命を預かりたいということ。4年に一度行われる世界最高峰の武闘大会『教天 死婁駆道(シルクロード)』に出るため力を貸せということだった。ゴクウはこの大会に出場する一人の男を是が非でも倒さねばならないらしい。
date160209-.jpg
その男は12年前 ゴクウの家族と故郷を奪ったばかりか背中に「大往生」と傷を書き残していったそうだ。ここで考えられるのは雷電しか居ません! とはいえ雷電がそのようなことをするとは思えないことから、雷電に恨みを持つ者が雷電のフリをして悪事を重ねたんじゃないですかね。
ちなみに死婁駆道は8人1組の団体戦。伊達のほかゴクウ・沙悟錠(さごじょう)・守八戒(しゅはっかい)を含めるならば4人でして、あとの4人は…旅の途中でスカウトしていくとか? つーか、守八戒は戦力にならないと思うので4人じゃなくてあと5人とすべきでしょう。

この誘いに理由は分かった、けれどオレの知ったことでないと伊達は反発。ならば腕づくでも従わせるとバトルが勃発ですよ。ここで宝槍・如意棍槍を初めて使用する伊達ですが、その扱いは昔から使い込んでいたかのように思いのままに操っていた。
date160209-1.jpg
               覇極流 蛇轍槍!
これは驚邏大四凶殺にて伊達が桃に対して行った攻撃と同じ技。十節に折れ曲がる槍を身体の一部のように動かして攻撃をする槍術の極意です。これには流石のゴクウも堪らずダウン。最後の力を振り絞っての一撃も伊達には届きませんでした。
date160209-2.jpg
が、自ら死婁駆道に行くとした伊達。お前の指図など受けない、強い者と戦えるのなら俺自身で行くと決めたのでしょうね。こうして一同は死婁駆道へ。そこで待ち受けるのはいったい? その前に他のメンバーを捜さなきゃ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
雷電の偽者(猿3匹)の仕業だったりしてwww
2016/02/10(水) 01:47 | URL | じよん #-[ 編集]
暁の設定で三面拳は代々、同じ顔を後継者に選ぶようにしているから、雷電の先代か候補だったが外された人か。
2016/02/10(水) 04:47 | URL | N #-[ 編集]
>守八戒は戦力にならないと思うので4人じゃなくてあと5人とすべきでしょう。

実力では他キャラに及ばなかったはずが、その後のチームバトルでは負けなしだった虎丸ポジション襲名?
2016/02/13(土) 19:36 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3677-fff4864c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック