碇シンジ育成計画 連載期間11年にも渡る最長のスピンオフ漫画が最終回に

eva160225.jpg
『少年エース』連載、「新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画」の最終回です。
2005年の春から連載が始まった当作品。エヴァのスピンオフ・派生漫画は数あれど、約11年にも渡る長期間連載はこれが唯一! 何せ本家のコミックス全14巻を抜いて(現在は)17巻まで出ているのですから相当なものでしょう。
この最終回を含めたコミックス最終第18巻は5月26日に発売予定。17巻にて次巻完結が発表された際に「2015年夏頃発売予定」としていたものが約1年遅れとなります。これというのも満足できる内容にしたいがために最終回が伸びたのではないでしょうか。

さて、折角ですから当方の過去記事も織り交ぜてみましょうか。当方が最初に記事にしたのは4巻になります。
碇シンジ育成計画 4巻 シンジと綾波の仲を妬くアスカの可愛さ(2007/9/4)
うはー! 9年前だよ。記事のナンバーも200番台だよ。懐かしいなぁ。この巻でアスカとシンジは初キスをするのですねー。もっとも3巻で綾波とシンジは既にキスしてますが、アスカファンの私としては断然こっちだ!

碇シンジ育成計画 5巻 シンジを取り合う綾波とアスカの間に第三のヒロインが(2008/3/25)
この巻で霧島マナが登場。第三のヒロインとして登場したものの、やはりアスカ・綾波の双璧には敵いませんでしたね。この頃から既にラッキースケベは発動してます。

エロが戻ったエースアサルトの碇シンジ育成計画(2008/9/13)
さぁこれだよこれ! 私が当作品に特に肩入れするきっかけとなったのがこの話ですよ! 当時『エースアサルト』という雑誌がありまして、ここに当漫画が出張掲載してたのです。いつも以上にラッキースケベが過剰に出現! リツコさんがトップレスになったり、ゲンドウがユイさんに○○○を仕掛けるなど見せどころが多くでウハウハだったなぁ。

碇シンジ育成計画 やはりエースアサルト版は露出が寛大(2008/12/14)
『エースアサルト』でもう一丁。こちらは全編ほぼ風呂場でのお話。『エースアサルト』は『少年エース』と違ってややアダルトでもOKだったことからこんな内容が出来たのですよ。また連載時と違ってコミックスになると"解禁"するというのもこの辺りから普通になったような記憶があります。

過去記事はまだありますけど そろそろ本編を。センターカラーのトビラ絵には「そして始まる。いつもの日常──。」とあり、手を振るアスカとシンジと綾波の三人。この構図を覚えておいてくださいね。綾波の記憶が戻り平穏な日常が帰って来た。今日はトウジたちと遊園地に遊びにいくところです。
eva160225-.jpg
依然として積極的なマナはシンジの左腕を取って先に行こうとするも、綾波も負けじと右腕を掴んでマナの思い通りにさせまいと意地を張る。結果、左腕にはマナのバストが、右腕には綾波のバストが当たってるといううらやましい状況に!
ここで怒鳴りつけてくるのはもちろんアスカ。焦って腕を解(ほど)こうとしたら勢い余ってアスカの方へ…
eva160225-1.jpg
最終回でもラッキースケベは健在だ!
勢い余ってアスカのスカートの中にダイビングヘッドをするという、あり得ない動きです。でもこれこそが当漫画の真骨頂! 
碇シンジ育成計画 7巻 シンジを巡る争いに綾波とアスカの対決は続く(2009/3/24)
この7巻では転んだ拍子にアスカの体操着の中に頭を突っ込んだり、転んだ拍子に綾波の体操着をまくり上げたりと、「転んだ拍子に○○してしまう」ラッキースケベの発動こそが当漫画の醍醐味なんです! 今回のスカートの中に頭を突っ込むなんてまだまだ序の口! 普通なら押し倒してパンツを脱がせるぐらいしてもおかしくありませんって!(ホントかよ)

遊園地ではシンジ・アスカ・綾波の三人でコーヒーカップに乗るなど遊び、その一場面が一番上の画像の綾波です。もっともこの後で綾波の胸の上にシンジが倒れ、これにアスカが怒ってビンタを見舞うというのもお約束。
その後、研究所の一同の花見に誘われてメインメンバーが集合。最終回を飾ります。シンジ・アスカ・綾波の三人についてトウジやミサトさんたちは語ります。
 ──結局 センセはどっちを選ぶんやろうなぁ
 碇君 優柔不断だから…
 羨ましい…
 …ま 当分はあのまんまね きっと
 せやなぁ
 ふふ いいんじゃない?
eva160225-2.jpg
今はあのままで
結局 三人の結末はわからず終い。優柔不断なシンジでもいつかは「この人と!」と言う日が来るだろう。でもそれまでは三人の均衡は保ったままじゃないですかね。そしてエピローグは登校シーン。三人が登校する目の前にトウジやケンスケ・ヒカリたちが待っていた。
eva160225-3.jpg
そこで手を振るアスカです。この構図、トビラ絵を後ろから見ているようになってるんですね! でもシンジのカバンの掛け方が左右逆になってるのが惜しい! コミックスでは修正願います。最後が何気ないありふれた日常の一コマでもいいじゃないですか。この漫画には戦いなど無用なのですから。
約11年もの連載、お疲れさまでした!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ま、まだ続いてたんだ……

1,2冊読んだことあるけど、あまりにキャラの性格や行動がイメージと違い過ぎて辛かった覚えが。
2016/02/27(土) 01:34 | URL | 名無し #-[ 編集]
※1
わかる
特に綾波と碇司令が別人すぎだからな
完全な別物と割り切れないと辛いものがあるだろうな

てか、せっかくカオル君やゲームのヒロインのマナまで登場したけど、ほぼ空気だったね・・・
2016/02/27(土) 23:42 | URL | 名無し #-[ 編集]
アスカの股間を埋める時のアップが欲しい!!
2016/05/30(月) 13:37 | URL | ヒューマン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3692-bffabf87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック