UQ HOLDER! Stage.114 『共鳴り』の恐るべき能力。選択を迫られる刀太

uq160302.jpg
『週刊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.114 ネギのために
初登場のStage.95では「帆乃香」、先週のStage.113では「帆之香」。いったいどっちが正しいんだ? まぁいいや、近衛帆ノ香の衝撃の言葉「雪姫はんはお祖父様を殺すつもりなんや」に心を揺さぶられる刀太。無論そんなの嘘だと反発するのですが、フェイトは『始まりの魔法使い』の固有能力『共鳴り』について語り始めた。それは無限共感能力とのこと。
uq160302-.jpg
要約すると全人類の痛みや嘆きを永遠にその身に記憶し続けるということ。そしてこの世界から全ての弱き者の悲鳴と呻きが消え去るまで立ち止まらないというものでした。
何十年・何百年もの全人類の痛みや嘆きをを記憶し続けるって…想像を絶する苦痛なのは間違いないでしょう。私なんてちょっとした嫌なことで耳をふさいで転げ回るぐらいの気持ちになりますから。

常人ならば耐えかねて二日と持たず壊れてしまうところを、ネギは20年間も耐え続けてきた。しかしそれも限界に近づいてるとフェイトは涙する。そこで刀太だ。刀太の持つ「火星の白」の力は、ネギと彼女(『始まりの魔法使い』)をこの世から消し去ることしかできないそうで、雪姫の狙いはソレ。でも自分は違うとフェイトは語る。
uq160302-1.jpg
別の方法でネギを救う方法がある、だから僕の元へ来い!
この表情からして信用出来ないんだよ! 先週 フェイトについて「刀太なんて「火星の白」を創り出すためだけの素材としか思ってない」と書いたけれど確信が持てたわ。フェイトは刀太を道具や素材としてでしか見てないとね! きっと身体を切り刻むとか、精神を痛めつけるとかでネギを助けるつもりなんだろうな。
帆ノ香と勇魚は「おばあちゃんがとってもお世話になっていた」ネギを救いたく、深く考えないままフェイト陣営に就いたと信じたいです。

その後は雪姫・龍宮・ザジの攻撃によりフェイトは撤退。ザジの姉のポヨは龍宮と戦ったけれど、ザジの戦闘はひょっとして初か? そうでなくとも珍しいのは間違いありません。置いてかれた帆ノ香と勇魚はどうするんでしょ?
uq160302-2.jpg
雪姫に直接訊いた刀太。フェイトの言う通りでした。但しソレはネギ自身の望みだそうだ。あ~ここで思い出したのがStage.65でのネギのセリフです。
uq160302-3.jpg
「ネギ君!君は助けを求めているのか!?」とのフェイトに「いや違う 違うんだフェイト 僕は…」と答えてます。これは助けて欲しいのではなく、むしろ殺して欲しいという意味だったのではないでしょうか。その意思に従って雪姫は働いていたと。
全てを話す意思を固めた雪姫。刀太の心は揺れるしかなかった…
UQ HOLDER!(10) (講談社コミックス) *3月17日発売
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やっはりもしかして共鳴りの状態になったかネギ君あの原因のせいで操作になったから俺にも雪姫と同様でネギ君を殺害するで仕方ないです刀太君それでも助けるかそれでも対立する側になるか!!
2016/03/03(木) 19:13 | URL | NAKATA #-[ 編集]
フェイトはすっかりヤンホモだな
2016/03/03(木) 20:53 | URL | 名無し #-[ 編集]
なんでこう信用性の欠ける悪人面したがるのかねフェイトは?
余裕ないのか?
2016/03/03(木) 21:29 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3696-f31b592b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック