激マン! マジンガーZ編 キューティーハニーと えん魔くんのアニメ企画が始まる

geki160319.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「激マン! ~マジンガーZ編~」の第38話
1973年の夏 真っ盛り。マネージャーのタカシから持ち掛けられたのは子供向けの月刊誌『TVマガジン』でマジンガーの連載をもう一本増やせないかというものでした。マジンガーが大人気でジャンボマシンダーの売り上げも絶好調だけれど、もっとアピールするためには その世代向けの雑誌での連載が必要だということです。

ちなみにマジンガーは激が『週刊少年ジャンプ』で描いてる原作以外には、『別冊少年ジャンプ』(後の月刊少年ジャンプ)にて元アシスタントの桜多吾作が描いてるものがありました。こちらは当初はアニメを基準にしてたものの、徐々にオリジナル色が加わるようになります。

現在の激の連載はマジンガーとバイオレンスジャックの二本。少ないので『TVマガジン』用に描けないこともないだろう。けれどテレビ企画が進んでる作品があったことから おいそれと返事ができないのです。
geki160319-.jpg
その企画というのが「キューティーハニー」と「ドロロンえん魔くん」です。
キューティーハニーは東映動画の有馬さんからの依頼。激の得意分野──すなわち お色気路線の企画で進めて欲しいというものだったようです。いつになるかわからないとのことでしたが、デビルマンの後番組「ミクロイドS」が半年で終了したために、その後番組で始まろうとは今の激が知る由もありませんでした。
geki160319-1.jpg
また えん魔くんの方はフジテレビプロデューサーの別当氏からの依頼。こちらもいつになるかわからない、制作会社も決まってないとのこと。だから東映動画の顔を立てる手前、ロボットものは避けた方がいいとのことから妖怪ものが提案されて えん魔くんになったということですね。
当時は第二次特撮ブームの真っただ中にあって特撮番組の原作には石森章太郎氏が多く携わってました。えん魔くんはその石森氏原作の「ロボット刑事」の後番組として始まることになります。
geki160319-2.jpg
こうして この年の10月の同時期に この二作品が始まろうとは、激自身もまだ知りません。ちなみにハニーは『少年チャンピオン』で、えん魔くんは『少年サンデー』で連載が始まります。その都合 TVマガジンでの連載は無理と思われるも、まさかジャンプの連載を終了させて そのまま TVマガジンで再開しようとはね! ここのところの事情がよく明かされてないだけに具体的に知りたいものです。
激マン! マジンガーZ編(4) (ニチブンコミックス)
激マン! マジンガーZ編(4) (ニチブンコミックス) *3月28日発売
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3709-631f6524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック