「THE IDOLM@STER」 プロデューサーの優しさに さしもの真も涙

imas160329.jpg
『月刊Comicレックス』連載、「THEIDOLM@STER」の29話菊池真編2 後編
以前 プロデューサーから「春香の力になってやってくれ」と言われた真。そのことを予感したわけじゃないだろうけれどプロデューサーの大怪我をきっかけに春香が精神不安定となり離脱。その間に765プロのアイドルたちは協力し合って難局を乗り越えようとしているわけですが、その中心となっているのが真なんです。イケメンアイドルはこういう事態にこそ心強いってわけですね。

テレビ番組の本番を前に控室で気合を入れる真。そこへ訪れたのは876プロの日高愛、水谷絵理、秋月涼の三人でした。今となっては懐かしいと言わざるを得ませんね! 今日は一緒の番組に出るということで挨拶に来たというわけです。
そこで話すのは春香のこと。一般的にはライブと舞台が重なったことによる体調不良としているけれど、秋月涼を介して事情は知っていた。プロデューサーの怪我も理由の一つであることを。またそのことでニューイヤーライブの成功が危惧されていることを…
imas160329-.jpg
けれど真は明るく振る舞い、皆を安心させます。これは自分自身に言い聞かせるためにも力強く謳ったのでしょうね。この三人は今後メディアに出る機会はあるのかしらん? ソーシャルゲームの方に活路はあるだろうけれど、何せ涼(の性別)を考えると難しかったりして。

その後、プロデューサーを見舞いに真は病院を訪れます。眠っているプロデューサーを前に真は誓う。
 今 みんなが力を合わせて頑張ってくれてます
 だから心配しないでください

imas160329-1.jpg
これに目を覚ましたのかこういう言葉が返ってきました。
 真… お前がいてくれてよかった…
 みんなのこと… 春香のこと… 頼んだぞ

imas160329-2.jpg
これに涙腺崩壊する真。このような状態でありながらも自分たちのことを考えていてくれることに感極まったのでしょう。…で、ここで終わりです。何とも舌足らずな終わり方としか思えません。今回で真編は終了だけど千早編のように特別にもう一話あって良いと思うぞ。今後は765プロ編とかやってニューイヤーライブ成功までを描くとか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>ソーシャルゲームの方に活路はあるだろうけれど、何せ涼(の性別)を考えると難しかったりして。

現状876組で唯一活躍できてるのがSideMに活路を見出したイケメン涼ちんってのがもうね
据置のDLC以外で三人そろうのはもう無理かもわからんね
2016/03/30(水) 03:07 | URL |   #-[ 編集]
据え置きでDLC以外で3人揃ったことなくね携帯機じゃん
2016/03/30(水) 04:10 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3718-b4a495db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック