症年症女 少女を殺害する術を手に入れた少年

shounen160402.jpg
『ジャンプスクエア』連載、「症年症女」の第4症
すみません、ここんとこ体調がよくなくて休んでました。今日は放送無かったけれど11日放送の「YOUは何しに日本へ」ではJAM Projectの横浜アリーナ公演に参加するためにブラジルから来たYOUの密着取材があるようです。
 YOUは何しに日本へ(テレビ東京) *予告動画あり
この横浜アリーナ公演って昨年11月で、5月に発売するBD&DVDの宣伝を兼ねてこの時期まで放送しなかったんだね。

少年が少女の病院に転院してきて二週間。少女のあっけらかんとした性格に触れるにつれ少年の心は洗われるようになり、魅かれ始めていった──
    なんてことありませんでした!
少年の心は最初からブレることなく「殺す」ことしか考えてません。ある日の夜、彼女の鼻と口を押さえて窒息死を狙うも、無意識に手を払われて失敗。さすがにわかったのは殺したいと思うことと、実際に殺すことは違うということ。腕力や体力も必要だと言うことでした。

何か参考になるもは無いか? と図書館で探してみたら『至難な殺人の指南書』という、相変わらず語呂遊びのセンスがある本を発見。自分好みの内容に食い入るように読んでいたら とある男が声を掛けてきた!
shounen160402-.jpg
顔は例によって黒く塗り潰されて見えるので誰だかわかりません。もっとも名前を言ったところでその名前さえも塗り潰されたようにハッキリ聞こえないので わかりようがありませんがね。
この男──ドクとしており、指紋さえも塗り潰されて見えることが前からわかっていたような素振りから ただ者ではないようだ。
ドクは少年のことを「かわいそう」と言い、少年は同情されることに優越感。その同情心からか、とある物を手渡されます。
shounen160402-1.jpg
それは毒でした。ドクという呼び名はドクターであり毒も兼ねていたのですね。
ともかく殺害するにあたり、とっておきのアイテムを手に入れた少年です。これなら腕力や体力も必要ありませんから。
shounen160402-2.jpg
飲み物に毒を入れて差し出した少年の行為に、何の疑いもなく口にした少女。まさかこのまま死んでしまったら短すぎるけれど、かといってこれで生きていたら都合よすぎ。いったいどうなってしまうのか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3722-fab5ac6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック