極!!男塾 帰還した塾生たち。物語は新たなステージへ

goku160407.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「極!!男塾」の52話
連絡があったからと岬で塾生たちの帰りを待つのは塾長と民明丸。会話では「我が軍の勝利」と言ってるけれど、必要な量の大和魂を吸い取られたからには敗北と違いますか? いわゆる「勝負には勝ったけど試合には負けた」みたいなものです。
それと塾長の「この日本にはかなりの宇宙人が潜入してると聞く」というセリフが今後の展開を予見してるような…

ってな会話をしていたら海から何かやって来たぞ!? 怪獣か? それとも戦艦? いや、それは身長が数kmはあるほどに巨大化した邪鬼だった! 冥鳳島を背負っての登場に民明丸は震えが止まらない。でもこれでまた新しい本が書けるよね。「人体の神秘」とかいうタイトルで。
goku160407-.jpg
邪鬼の活躍により塾生及び徴兵で招集された三万人は無事に帰還となりました。でも試作爆弾の爆発をモロに浴びたために邪鬼の背中はヒドイ状態。骨が飛び出してるようですが本人が特に痛がってない(ように見える)ので無事なんでしょう。きっと。
塾長からの なぜ巨大化能力を封印していたか? との問いに メシ代が幾らあっても足りないからと返答する邪鬼。確かにその通りですな。この姿で食事をすればいったいどれほどの出費になるのか…考えただけで恐ろしいです。
goku160407-1.jpg
また共に宇宙の旅をしたサガ・カグヤ・武蔵たちとはここでお別れ。カグヤの簀達賦(スタップ)細胞のネタは今となっては懐かしいです。武蔵は「刃牙道」の世界に行って活躍してくださいな。
ボギーは昔の所轄だった花椿警察署へ帰還。30年ぶりに帰ったというものの、たぶん死んだものと思われて席は残ってないんじゃないかな。相棒だった大岸のことを訊くと顔色が変わったことから何かあるのでしょう。いったいどんな人物だったかはここの「立ち読み」をご覧ください。2話途中まで無料で読めます。
goku160407-2.jpg
引ったくり犯に向けて拳銃を握るボギー。引ったくり犯程度に発砲したら大問題は確実だろうけれど悪を許さないボギーの決意は変わらない。それにヤツの正体は…と、宇宙仕込みのミラクルショットが炸裂。見事に脳天に命中させます。でもこれでは殺人犯になるのでは…いえ、安心してください! 宇宙人ですからっ! 日本にかなり居るという宇宙人。その一人が引ったくり犯だったのです。物語はしばらくボギー編が続いて、現在の大岸はどうしてるのかわかるのではないでしょうか。
極! !  男塾(5) (ニチブンコミックス)
宮下 あきら
日本文芸社 (2016-04-09)
売り上げランキング: 1,301
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
冥凰島がまるでパノラマ模型に見えるね(笑)
2016/04/08(金) 01:50 | URL | じよん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3725-0a167863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック