極!!男塾 遂に あの家族が登場! しかも敵なのか!?

goku160421.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「極!!男塾」の53話
30年ぶりに所轄署に戻ったボギー。とはいえ行方不明扱いとなっており今や警察官ですらないのが現状です。せめてもの救いは宇宙に行ってた分だけ歳を取らなかったことと、宇宙エネルギーとかで弾丸の軌道を変えられる能力が身についたことでしょう。
相棒だった大岸の現在を知って驚きを隠せない! なぜなら一ヶ月ほど前に亡くなったそうだ…

キャリアだった大岸は出世が早く、数々の重要ポストを歴任して警視にまでなったらしい。ある宗教団体を調査していて帰宅する途中で駅のホームから転落。かなりの酒が検出され事故死扱いとなったとのこと。これを聞いてボギーの直感が閃いた。大岸は酒が一滴も飲めないのに大量の酒が検出するハズがないと!
バチあたりにも墓をマグナムで ぶち壊して骨壺を調べたらカラ。やはりおかしい、大岸は生きている!? わかっているのはその宗教団体が怪しいという事であり、ボギーは単身 乗り込むことに!

一方、塾長宅には安倍安場首相が訪れ、徴兵で集めた三万人もの若者を救出してくれたことに感謝していた。つーか、よくもまあ平然と顔向けできるよな!? 藤堂兵衛を副総理にして徴兵を推し進めたのによ。そもそも男塾とスサノヲとを対決させたのも藤堂からの入れ知恵であり、塾長も少しは文句を言わなきゃ読者の気持ちが収まらないよ。
goku160421-.jpg
そんな安場首相が突如乱心!? 刀で塾長に斬りかかるも鋼鉄の頭には全く効きませんでした。富樫に取り押さえられて「バラ…」と言い残して気絶してしまいます。塾長はこの行動に高度な催眠術のようなもの、これだけの技を使うのはあの者のみと知ってる様子。それはいったい?

ボギーは宗教本部へ忍び込むも拳銃を持った警備兵たちに取り囲まれる。が、そんな時こそ宇宙エネルギーにより銃弾の軌道を操る技が炸裂し、一発で全員を戦意喪失させてしまいます。そして教祖の対峙するのですが…
goku160421-1.jpg
瑪羅門の家族 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
登場するのを待ちに待ってたよ。宮下作品で男塾に次いで戦闘力のある人たちだからスサノヲとの戦いに期待してたんだけど、まさかの敵キャラですかい? ちなみに当漫画は男塾に次いで連載された宮下作品であり92年25号~93年12号に掲載。(男塾は91年35号まで連載) この絵の三人は左から主人公の瑪羅門 龍(三男)、瑪羅門 凱(長男)、瑪羅門 翔(次男)。チャクラを使って人を操り、法では裁けない悪党どもを退治する内容でした。その瑪羅門の家族が敵になるなんて…目が離せません!

ところでこの記事↓見て怒らずにはいられない!
発禁マンガ「瑪羅門の家族」復活 少年A騒動でジャンプ打ち切りの怪作が漫画ゴラクで
は?瑪羅門の家族が神戸連続児童殺傷事件で打ち切り!? なにバカなこと言ってんだよ、それは97年の出来事であって 当漫画は93年にとっくに連載終わってるよ! そもそも発禁になったっけ?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わっ、瑪羅門の家族の登場や😂
長男の凱は最後の方で孔雀院一馬に操られて死んだのでは(’∀’*??
ラストは一馬を倒しに行くとこで打ち切りになったから、一馬倒したのかな(・・`)
拳銃だけのボギーでは不利かな
2016/04/22(金) 12:33 | URL | じよん #-[ 編集]
作者の漫画でジャンプ本誌で唯一読んだ
懐かしい
2016/04/22(金) 12:43 | URL | 名無し #-[ 編集]
すげぇ懐かしいわ。
世界各国のバラモンが集まるあたり、好きだったな。
2016/04/22(金) 21:00 | URL | 名無し #-[ 編集]
絶版と打ち切りはちがうでしょ
2016/04/23(土) 11:14 | URL | 名無し #-[ 編集]
大岸の死を聞いて咥え煙草をポトっと落とすコマが入るのが
いかにもボギーTHEGREATっぽくて好きですね
ボギーの家に空き巣が入った話で三回連続で煙草を落とすシーンが面白かったなぁ
ボギー「イエース、ディスイスマイスイートホーム」
2016/04/24(日) 01:44 | URL | 花田吾作 #nLnvUwLc[ 編集]
当然のように長男生きてるし……
2016/04/24(日) 01:46 | URL | 花田吾作 #nLnvUwLc[ 編集]
本編開始時、ご臨終したのに、何事もなかったかのように生きてる冨樫www
2016/04/24(日) 20:11 | URL | N #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3734-3cdf81da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック