ナラクノアドゥ 1巻 悪魔と人間との果てなき戦いに加担するのは まさかの…

naraku160514.jpg
web漫画『ファミ通コミッククリア』連載、「ナラクノアドゥ」の1巻です。
16年前、人類は12人の魔王(十二階梯)と手下の魔物たちにより存在の危ぶまれる危機にあった。人間は国家と種族の壁を乗り越えて協力してこれに対抗。連合国による大軍勢は魔物たちを次々と滅したのだが…十二階梯の第十位の魔王・モーテムによる「死の言葉」により軍勢は魔物もろとも壊滅してしまう。
希望の灯は消えたかに思われたとき、なぜかそれは起きた。十二階梯 最強の第十二位の魔王が突然消滅。次いで第十一位の魔王も消滅してしまう事態が発生。不測事態に残りの十人の魔王は姿を消した。得体の知れない「何か」を恐れて。

そして現在。第十位の魔王・モーテムが再び人間界に侵攻を開始。そこで登場するのが主人公のアドゥを頭とする少数精鋭のパーテイーです。幾多の困難を潜り抜けてようやくモーテムのところまで辿り着きます。が!
naraku160514-.jpg
アドゥは腹を貫かれて真っ先に死亡。他の仲間も「死の言葉」によって全滅してしまいます。でも仲間の一人は死の間際にそれを見る。死んだハズのアドゥが悪魔に姿を変えてモーテムを倒すところを!
naraku160514-1.jpg
実はアドゥの正体は消滅したと思われていた十二階梯 最強の第十二位の魔王だったのだ! からくりはこうです。最強の魔王でありながら人間になりたいと思っていたアドゥは天使と接触。他の11人の魔王を倒すことで人間になれるよう契約したのです。但し1人倒すごとに力が弱まる制約があり、全員を倒せば普通の人間と全く変わらない。第十一位の魔王は即刻倒せたものの、第十位のモーテムを倒すには力が弱体化。だからこの10数年間、力不足を補える人間を集めて養成。対抗できる戦力を整えていたというわけです。

でもこれによりパーティーは全滅。次なる第九位の魔王を倒すには また一から始めなければならないことに…というところまでが前半部分。後半からは更に力が弱くなった(といっても並みの魔物など足元にも及ばないほどまだ強いのですがね)ことにより人間と協調を歩むことになります。
naraku160514-2.jpg
そのカギとなるのがヨミという少女。悪魔と知りながら取引を持ち掛けます。これにより少なからず心境の変化が芽生える──といった展開になるのではないでしょうか?

読んで思い出したのが手塚治虫の「どろろ」。あれは妖怪に奪われた身体のパーツを取り返していくものでした。これも戦い勝つごとに人間に近づいていくわけで、ある意味同じではないでしょうか。
ナラクノアドゥ(1) (ファミ通クリアコミックス)
山本 晋
KADOKAWA/エンターブレイン (2016-05-14)
売り上げランキング: 7,658
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3755-e3e014b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック