激マン! マジンガーZ編 ジャンプでの連載終了にスタッフ一同が反省会

geki160519.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「激マン! ~マジンガーZ編~」の第41話
週刊少年ジャンプの長根編集長から「少年ジャンプは他の雑誌と同じ作品は絶対にやらない」と突きつけられて、マジンガーはジャンプでの連載終了→テレビマガジンへの移籍がほぼ決定してしまう。当初はジャンプとテレマガの両方で連載するつもりだったものがミスったわけで、今回はその反省会の一部始終が語られてます。
とはいえこの年の秋から「ドロロンえん魔くん」と「キューティーハニー」のアニメ化が後に決定して同時に漫画化も決定。スケジュール的にはジャンプが終わって丁度良くなったわけであり"怪我の功名"とも言えるのですがね。

ダイナミックプロの出版関係を担当しているヤスタカからの意見では最初から無理だと思っていたようだ。あの長根編集長がOKするとは思えない。マジンガーの連載をテレビマガジンでもしたいと話すべきではなかったと。
geki160519-.jpg
これに反発するのはマネージャーのタカシ。デビルマンは「8時だョ!全員集合」の裏番組だけに大ヒットアニメとは言えなかったけれど、それでも視聴率10%台には達した。それに対してマジンガーは初回で18%越えで今は20%台。さらには30%を狙う勢いがある。しかも競争激しい日曜7時のゴールデンタイムで! こんな番組を潰せるわけがないだろう! だから一層の視聴率アップを狙ってジャンプと交渉したんだと逆ギレな感じで言い返します。
geki160519-1.jpg
これを なだめるヤスタカ。つまりはテレビを選ぶか漫画を選ぶかの話。激は漫画家なんだから漫画雑誌を一番大事に考えるべきではなかったか。ジャンプはハレンチ学園で有名になり成長した雑誌。長根編集長は少なからず恩を感じているだろう、だから今回の話はすべきでなかったと。
でも今となっては全ては たられば論。どうすることもできません。
geki160519-2.jpg
ジャンプでの連載は終了するけれどマジンガーの大ヒットはダイナミックプロ最大の実績となるのは間違いない。だったらアニメを選んで正解だったとするところで締めくくります。
ジャンプでの連載は8月末をもって終了し、テレビマガジンは10月初旬から開始。ほぼ同時に少年サンデーで えん魔くん、チャンピオンでキューティーハニーが始まることから本当にジャンプをやめて良かったかもしれません。えん魔くんは学年誌全誌(小学1年生~6年生)に連載するなど11誌で連載されました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3758-52b16145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック