TOUGH 龍を継ぐ男 1巻 鬼龍の息子・龍星が格闘技の道を目指すことに


tough160524.jpg
『週刊プレイボーイ』連載、「TOUGH 龍を継ぐ男」の1巻です。
かつて『ヤングジャンプ』で連載していた「高校鉄拳伝タフ」「TOUGH タフ」の"外伝"を銘打ってますが、事実上は正式な続編と言えます。それにしても『週刊プレイボーイ』は2011年に「キン肉マンII世」「たいようのマキバオー」など連載漫画全てをwebに移籍させて誌面を刷新したものの、ここにきて漫画連載が復活。何かしらの方針変更があったみたいですな。

龍星は長岡家の後妻の子。道場では優秀な成績を残し、頭脳は東大に首席で合格しながら進学しないと言い出します。全身全霊もてる能力の全てを打ち込めることがしたい、ぬるい人生は送りたくないと。これに義父は怒り出すも それは龍星とて同じこと。母親が死んだというのに一度も見舞わなかったし、自分への風当たりも酷かった。
tough160524-.jpg
酷い仕打ちを受けた義兄を半殺しにし、義父には恐怖を植え付けた上で出ていきます。行く当てなどないものの、まだ会ったことのない本当の父親を捜して。その父親というのが実は宮沢鬼龍。前シリーズにて最強の人物とされた人です。だから格闘センスが抜群なんですね。

でも鬼龍に恨みを持つ者は多い。そこで龍星は鬼龍のエサとなるべく人質にされてしまう。果たして鬼龍は来るのか? そして来た!  いや、それは…弟の静虎でした。つまり"おとん"です。
tough160524-3.jpg
鬼龍と並んで最強と称されるだけに待ち構えていたスナイパーや手下どもなど赤子同然。その圧倒的強さに首謀者は恐れおののき龍星を開放します。そこまでなら良かった。が、龍星は自分を拉致した殺し屋が許せないと喧嘩を吹っ掛ける。これに怒る静虎です。
tough160524-1.jpg
龍星はそれなり強いとはいえ灘神影流を習ったわけでもなく、腕自慢程度に強いだけ。それなのに殺し屋相手に戦うなど無謀。怖いもの知らずなだけだと、龍星に「戦いとは何か」を教えるべく戦うことに。
結果、龍星は成す術なく敗れます。けれどこの戦いで得たものが山ほどありました。
tough160524-2.jpg
その最たるものが自分の目標。この人のように圧倒的に強くなりたいと、格闘技の道を歩む決意をするのでした。

前シリーズを読んでいた人は何とも嬉しい復活です。主人公は変わったものの関係ある人物の息子ですから、そこは無理なくついていけるんじゃないでしょうか。最後のページで喜一も出ますしね!
TOUGH 龍を継ぐ男 1 (ヤングジャンプコミックス)
猿渡 哲也
集英社 (2016-05-19)
売り上げランキング: 1,776
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3762-09bf5f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック