「THE IDOLM@STER」 次回で最終回! 春香に力を貸せるのは私たちだけ

idol160531.jpg
『月刊Comicレックス』連載、「THEIDOLM@STER」の30話水瀬伊織編2 後編
今月号は表紙になっており、そこで「最終回まであと1話!!」と報告されました。2012年から連載が始まって4年、遂にこの時を迎えるのかって感じです。最近の迷走ぶりはアレでしたがラストとなると寂しいものですな。
尚、この表紙が特大のB1サイズポスター(一般的なポスターのB2サイズの倍の大きさ)で付録になってますから好きな人はお早めに。

竜宮小町のライブステージは終盤を迎え自分を見つめ直す伊織。自分の力でしか辿り着けない場所があるように、みんながいるからこそ辿り着ける場所がここにある! そこで出た言葉が上の画像にある
みんなーっ! いま私… すっっっごく 楽しいーーーっ!
です。年齢の割には大人びている伊織でもハジけることがあるんだなと驚きました。そういやアニメの最終回のライブでも、カメラに向かって投げキッスしてたなぁ。

思ってもみない行動を取ったことが亜美にとっては嬉しかったようで舞台裏で伊織に抱きつきます。また律子からも「変ったわね」との お言葉。以前ならば自分ひとりで何でも乗り越えようとするところがあったのにと。
idol160531-.jpg
これに対して「弱くなったのかも」と言うも、「自分の弱さを認めた」と言い直す。765プロの連中を見ているうちに片意地を張っていることが馬鹿馬鹿しくなったようです。
その後、765プロのみんなと久しぶりの合同レッスン。ニューイヤーライブが近いこともあるけれど、千早が社長に掛け合ってまで この合同レッスンの機会を取ったらしい。それは春香と私たちのこと、のようです。
idol160531-1.jpg
いま春香はプロデューサーが怪我したショックを引きずっている。同時にある事を気にしてレッスンを休んでる状態。それは「変らなきゃ」という想いと「変って欲しくない」という想いの板挟み。少し前までみんなは同じことをしていたのに、今は各個人での活動が目立つようになった。ひとりひとりのステップアップはもちろん大切だけれど、それで仲間の絆というか気持ちが離れていってしまわないかと春香は気にして抱え込んでしまっている。だからみんなの力を貸して欲しいと千早は訴えます。
idol160531-2.jpg
これに伊織は何やら怒ってる様子。私に「その強さ」を思い知らせてくれたのが春香だというのに、そのあなたが弱くなってどうするのと。またプロデューサーから「春香のことを頼む」と言われていた真も何か案があるらしい。
次回最終回。765プロのみんなの力で春香を立ち直らせてやってくれ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
伊織の楽しいって発言は10thでのくぎみーの発言だろうが。Pだったらこの画像だけで号泣もんだわ
なんも知らねー癖にしゃしゃんなよ
2016/06/01(水) 08:07 | URL | 名無し #-[ 編集]
※1
>なんも知らねー癖にしゃしゃんなよ
キモ!(伊織声で)
2016/06/01(水) 08:24 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3768-2d2953c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック