激マン! マジンガーZ編 ジャンプの連載終了を決意して思い出を振り返る

geki160604.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「激マン! ~マジンガーZ編~」の第42話
「テレビマガジンでもマジンガーZの連載をしたい」という意向に少年ジャンプの長根編集長は拒絶。ジャンプでの連載は終了することになってしまいました。マネージャーのヤスタカはまだ交渉する余地はあるとするものの、あのガンコな編集長が言ったからには結果は変わらないだろうとして激の気持ちも固まる。
 少年ジャンプでのマジンガーZは終わらせる! と。
ただ問題は残り少ない回数でどう終わらせるかというのが懸念のようです。そこでここまで連載してきて思い出のある話が語られました。
geki160604-1.jpg
「ブロッケン伯爵の首でサッカーしたり」と言ってるけれど実際にはフットボールだったりします。ただし手でパス回しすることなく蹴ってばかりだったのでサッカーと称しても何ら違和感ありませんが。
geki160604-.jpg
こちらはドナウα1の話のこと。シローのクラスに転校してきた美少女・ローレライは、実は天才工学博士の作ったロボットだった。ドナウα1と合体することで"意思の持つロボット"になり、どちらが世界一のロボットなのかマジンガーと戦うことになります。
ドイツのローレライ伝説に基づいて名前が付けられたものの、それはドナウ川ではなくライン川の間違いでした。そこで本家のアニメ61話「宿命のロボット・ラインXの歌」ではドナウα1がラインXという名前に変更されて登場しました。
それに対して『真マジンガー衝撃!Z編』の15話「「対決!悲しみの青きドナウ」では原作通りにドナウα1で登場。こちらはほぼ原作通りのデザイン・ストーリーに準拠してるので興味があったらご覧ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
確かブロッケン伯爵の頭でサッカーは真マジンガーのアニメでやっていたけどあれは原作のみのシーンだったのか。
2016/06/05(日) 12:49 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3771-eab3f132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック