シン・ゴジラを観てきました

どうせ行くならと4DXで観てきました。ところが座席が動かないトラブルが生じて約15分ほど遅れての上映。何度も4DXで観たことあるけど(そのうち3回はガルパンです)こんなの初めてなので、「これもゴジラの成せる力なのか」と思ったり?
そういや83年上映の久しぶりのゴジラでは同時期にゴーストバスターズとグレムリンの上映もあったことから「3G決戦」と言われたものです。奇しくも今回もゴーストバスターズと重なるんだよねー(約一ヶ月後上映だけど)。あと一つ、ムリヤリ「G」の付く映画を決めるならば「ONE PIECE FILM GOLD」しかないでしょう

さて、ネタバレも含むことから知りたくない人はご注意ください。
今までのゴジラ映画は何かと"怪獣プロレス"を楽しむように作られている節がありました。つまりゴジラが主役です。けれどこの映画は全く違い、巨大生物「ゴジラ」を倒すために日本政府 及び対策班が"いかに対処していくか"を主点に置いた「人間が主役」になってます。
だから顔のアップが多いこと多いこと。特に政府閣僚は必然的に年配の人が多いわけで、大変失礼ながら渡辺 哲氏のアップには失笑があったことを報告しておきます。

上陸したゴジラに自衛隊は攻撃するも効果なし。次いで米軍が攻撃して一定の成果はあったものの進化したゴジラにはすぐ対処されてしまい…
ゴジラは生態系の頂点に立つ設定になっており、タイトルの「シン・ゴジラ」は
新ゴジラであると同時に神ゴジラ
という意味も兼ねているのでは?

いわゆる"お役所仕事"で何かを行動するにいちいち手続きを取らねばならない日本のシステムもどかしさと、日本を取り巻くアメリカの思惑がハッキリ表現されているのがいいね。これがアメリカ映画だったら大統領のツルの一声で即時決められてているだろうよ。

エヴァンゲリオンヤシマ作戦bgm (You Tube)
さすが庵野監督! と思わせるのが漢字テロップの多さ。場面展開ごとにいちいち出て来るといっていい。そして↑このエヴァのそっくりなBGMが3・4回使われてます。最初聞いたら驚いたぞ。ま、作曲家が同じなので当然ですし、そもそも監督がそっくりなのを頼んだんじゃない?
怪獣大戦争マーチ Invasion of Astro-Monster(You Tube)
BGMといったら往年の この伊福部サウンドが戦いに使われていて個人的に盛り上がりました。ただ、運命を分けるこの一戦にかけるBGMといったら私は
【30分耐久】地球防衛軍マーチ【伊福部昭】(You Tube)
↑この地球防衛軍マーチを推します。ミステリアンドームに迫るマーカーライトファープ、この攻防戦は正に「手に汗握る一戦」ですから。

下手にこれ以上書くとネタバレだらけになるのでやめておきます。子供連れで行こうという人にはオススメしません。前述しましたけど"怪獣プロレス"になってないので子供にはつまらなく思えるんじゃないかな。
シン・ゴジラ【オリジナル・トートバッグ付き】 (e-MOOK)

宝島社 (2016-07-15)
売り上げランキング: 2,335
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほんとにゴジラが来たら日本はどうするかってのをかなり真面目にやってて面白かった。
でも子供には会議のシーンとかきついだろうね。ゴジラとの戦闘は文句無しでみんな楽しめると思うけど。
2016/07/31(日) 03:09 | URL | 名無し #-[ 編集]
ゴジラの熱線以外なんの見どころもない政治批判映画
2016/07/31(日) 22:23 | URL | 名無し #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/03(水) 21:52 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3821-dccb6b45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック