極!!男塾 騙されていたと覚った瑪羅門三兄弟はスサノヲに反旗を翻す!

goku160804.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「極!!男塾」の60話
脱出ロケットを撃ち落とされた藤堂は狼狽。信者たちに助けを求めるも、その信者たちは伊達や卍丸たちが扮した男塾特攻隊だった! 獅子丸や読者はスサノヲがここに来るのを つい前回知ったのだけれど、男塾特攻隊なる組織で来た伊達たちは事前に情報を入手していたと見るべきだろうね。ならば桃や三面拳たちはどこに行った? より強い技や兵器を開発してると信じよう。

その伊達は指揮はオレが執る、祖国の攻防はこの一戦にあると、バルチック艦隊を迎え撃つ東郷平八郎みたいなこと言ってますよ。どうせならZ旗も掲げて欲しいものだ。
goku160804-.jpg
いまだにスサノヲのことを信用している瑪羅門三兄弟に、王大人は目を覚ますのだと一喝! 奴は貴様たちを利用しているだけ、奴の本性は目的の為なら手段を選ばないと諭します。
 その言葉は本当だった!
ペガサスに乗って たった一人でやって来たスサノヲ。
goku160804-1.jpg
信者たちをエサと言い切ります。ある星の支配者は地球人が大好物で、三十万人と引き換えに特殊な武器と交換する約束をしていたそうだ。受け入れ難いが紛れもない発言に、王大人の言葉が本当だったと知る瑪羅門。
ならばやることは決まっている! 憎さ百倍とばかりにスサノヲに反旗を翻します。このとき三人がシンクロして同じ動きをするのですけど、少なからず雷電の三匹の猿を思い出してしまったよ。

三人は最強秘奥儀とする「大威徳 曼荼羅 三身一体拳」を繰り出すも、スサノヲはたった一撃で撃破! …宮下あきら作品で男塾以外に強いキャラの代表が瑪羅門なのに一撃はないだろうと思うんだけどねー。でも真の目的はスサノヲへの攻撃ではなかったようです。
goku160804-2.jpg
スサノヲが乗っていたペガサスへの攻撃だったとさ! このとき龍は「将を欲すれば先ず馬を射よ」と語るけれど正しくは「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」。敵の大将を討つには、まずはその大将が乗っている馬を射れという格言です。わかりやすく言えば 外堀を埋めるとか、急がば回れというところか。
次回、男塾特攻隊がスサノヲに迫るのは確実であり、直接対決の見せ場ですかね!
極!!男塾(6) (ニチブンコミックス)
極!!男塾(6) (ニチブンコミックス) *8月8日発売
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
極!!男塾第6巻発売か!?
俺は3歳で元服した男だーーーっ!!や、
男塾版進撃の巨人が見れるね😆
2016/08/05(金) 12:45 | URL | じよん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3825-1313403e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック