浜松の「超世代 仮面ライダープレミアムアート展」に行ってきた

rider160814.jpg
2時間ほどかけて静岡県・浜松市美術館で開催中の「超世代 仮面ライダープレミアムアート展」に行ってきました。お盆とはいえそんなに込んでないだろうと思ってましたが大間違い。入場券を買うのに数分待たされるとは思いませんでしたね。

大まかに昭和ライダーが1階、平成ライダーが2階での展示。昭和では石森(石ノ森)先生の原画やラフスケッチを各ライダーごとに展示してます。特に原作1話の蜘蛛男の話や蝙蝠男の原画をほぼ全て展示してあったのは感動もの。またコミックスの表紙やライダースナック、レコードの原画イラストの展示もあって持ってる人には嬉しいんじゃないかな。
また昭和ライダーのオープニング集が常時上映しており、胸中で歌ってしまったよ。

2階の平成ライダーでは先生が直接関与してないだけに現場のスチール写真や現物のベルトなどを中心に展示。写真は版権の問題なんでしょう、俳優のものはほぼ存在せずライダーのみって感じ。ここでも平成ライダーのオープニング集が常時上映してあります。またオーズ・フォーゼ・ウィザード・鎧武の現物のバイクとスーツが展示してあります。

最後の方に すがやみつる先生が描いたライダーの原画展示があるのですが、これは8月20日(土曜日)にご本人が講師として来館されるからでしょう。遠くから来場する場合はこの日が狙い目かも!

・オリンピック柔道 100kg超級の金メダルリスト テディ・リネールについて
格闘技好きなら知ってる名前なのでリアルタイムで予選から見てました。決勝ではイマイチであり、ネット上での評判も良くないようですね。
 リオ柔道100kg超級・原沢vsリネールが炎上!海外の反応や評価や声をまとめ!
 柔道100kg超級で原沢は銀、逃げ回る仏の王者に大ブーイング(海外の反応)

とはいえ柔道世界選手権を現在8連覇している絶対王者。最初の2007年では18歳にして井上康生(当時29歳)を下して優勝してるのです。またオリンピックは前回のロンドンと今回のリオでも入場式での旗手を務めてました。
8月12日のFacebook
試合前日ではこのような↑写真が投稿されました。後ろの写真は嘉納治五郎でしょう。フランスでは英雄であり、このようなコミックも発売してるのですよ↓
Teddy Riner 160814
なんか日本人の師匠らしき人物も居るようですね。詳しくは知らないけど日本に来て戦うみたいですよ? Amazonでは品切中。もっとも売ってたとしてもユーロでどうやって買えばいいのかわかりません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3836-962ec267
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック