魔装学園H×H 2巻 エッチするのは欲望ではなく強き高みに届くため

masou160825.jpg
『コンプエース』連載、「魔装学園H×H(ハイブリットハート)」の2巻です。
アニメ放送前に1巻のレビューをしましたがアニメがほぼそのまんまだったのには驚いたぞ。特にAT-X。あそこまでやったら地デジ放送版で規制が入るのは無理ないわな。
 魔装学園H×H 1巻 胸を揉むほど強くなる? 接続改装でパワーアップ
masou160825-.jpg
巻頭のカラーページでは傷無と千鳥ヶ淵がイキナリお楽しみ中。もちろんエネルギー回復&パワーアップの「接続改装(ハートハイブリッド)」をするためですよ? それもひとえに強力な武装「背徳武装」を手にしたいがため! そのためならエッチな行為など構わない…と千鳥ヶ淵は思っているものの、身体がぎこちないことから無理してる感がありあり。そのため傷無もノリ気ではありません。
ここのところが主人公なんだよね。ヒロインに無理させたくないという。私だったら欲望に負けてとことんやってるぞ。あぁそうともさ! 

なぜこうまでして力が欲しいのか傷無にはわからない。そこでユリシアや姫川に昔のことや交友関係を訊いてみても全然ダメ。ならばと総司令官である姉に訊いてわかった意外な過去。千鳥ヶ淵は7年前に記憶を失くして保護されていたことを。身内を捜索しても手掛かりは得られない。ごく普通の健康な少女ではあったがHHG(ハート・ハイブリッド・ギア)の適性が異常なほどに高かった。そのため傷無の母親である那由多に預けられていたことを知ります。

その後、二千メートル級の戦艦を含む大部隊の来襲を受けてユリシアたちは出撃。善戦するものの千鳥ヶ淵はエネルギー切れにより落とされてしまいます。それを傷無に助けてもらったことで感情があらわになりました。
masou160825-4.jpg
千鳥ヶ淵のゼロスは接近戦を得意にしているも、接近するからには危険も多いわけで無傷というわけにはいかない。故にユリシアや姫川よりも撃墜数が劣ってしまっている。そこのところを焦って力を欲していた=傷無と無理にでもエッチをしていたようだ。
感情がむき出しになったことから傷無と口喧嘩を始めてしまいますが、これが「雨降って地固まる」ことになり一転していいムード。
ならばヤるしかないよね!
今は傷無もヤる気なので程よくして「接続改装(ハートハイブリッド)」に成功。けれど千鳥ヶ淵の様子がおかしいぞ?
masou160825-2.jpg
      いつも以上にヤる気になっちゃってるー! 
そこにはイヤイヤな感情はありません。むしろ積極的に誘っており、まるで別人のよう。ならばと傷無も負けじと より積極的に攻める攻める!
masou160825-3.jpg
   絶頂に達した千鳥ヶ淵!
これにより絶頂改装(クライマックス・ハイブリッド)に成功(この場合は性交が正しいかも)。念願の背徳武装を手に入れることができました。この兵器の威力がスゴくて二千メートル級の戦艦が一撃で沈むほど。スゴすぎるわー!
1巻に負けじとこの2巻も結構キワどかったりするので読むならば心して読もうね。
魔装学園H×H (2) (カドカワコミックス・エース)
あやかわりく
KADOKAWA/角川書店 (2016-08-23)
売り上げランキング: 790
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3846-387724dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック