キリングバイツ 6巻 獣獄刹ついに決着!物語は衝撃的に新展開へ

killing160905.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「キリングバイツ」の6巻です。
2巻から続いていた 牙闘獣獄刹(キリングバイツ・デストロイヤル)もいよいよ大詰め。ラーテル対パンゴリンの戦いは事実上の頂上対決と化していた。ラーテルの右腕は既に骨折しており戦闘力の衰えは否めない。輪をかけてパンゴリンは固いウロコの防御力と巨体を活かしたパワーで圧倒的。
   けれどラーテルは怯まない!
それは1話でも見せたように、たとえライオンだろうがラーテルは果敢に戦いを挑むからだ。いやむしろラーテルは自分より大きな相手と戦うことが生きがいなのかもしれないね!

俊敏力を使って右目に一撃を加えたラーテル。その際、山の木々を倒してしまうのですが これがマズかった。自然崇拝者である彼にとってその行為は逆鱗に触れるものだからです。
killing160905-.jpg
      ラーテルの右腕がーーーっ!!
激痛に のたうち回るラーテル。もちろんパンゴリンはこの間も攻撃の手を緩めることもなく、確実にダメージを与え続ける。トドメの一撃を加えんと大きく振りかぶったとき それは起きた! ラーテルが左手に持っていたのは切断された右手で、槍を投げつけんばかりに右手を投げつけたのだ。それは先ほど負傷させた右目を更に傷付けることになり攻撃の手が緩む。
killing160905-1.jpg
そこでもって口内に一撃!
いくら皮膚がウロコに覆われていようと口内には生えていない。というか口の中まで強化することなどできるわけもなく、結果、頭蓋骨は砕かれ脳漿をぶちまけてラーテルの勝利となりましたー!

けれどこの後、色々あって優勝者は別人物へ。この戦いはバトルロイヤル形式であるためこういうことが起きたわけね。また戦いは獣人だけで終わりませんでした。組織の運営方式の違いを巡って"血の粛清"が行われたことにより、今後の獣人の在り方が大きく変わることに。それに伴い今まで高飛車に振る舞っていた三門財閥の令嬢が暗闇落ちへ。まぁ今までのツケが回って来たってことでしょう。

そして巻末はいきなり2年後になっていて新展開へ。
killing160905-2.jpg
え? まさかこの子が新しい主人公になるの?? 風雲急の新展開に驚きです。
キリングバイツ(6) (ヒーローズコミックス)
村田真哉 隅田かずあさ
小学館クリエイティブ (2016-09-05)
売り上げランキング: 678
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
第1部はドラゴンボールとエヴァンゲリオンを足した内容だった(表向きはネタキャラが優勝し、祠堂はゲンドウと同じ理由で嫌われ者)新主人公は、さくら(カプコンのキャラ)ならいいけど、混血サイヤ人やseedディスティニーのシンみたいな扱いされたらヤダ。
2016/09/08(木) 17:29 | URL | やるっきゃ記事 #-[ 編集]
毎度おなじみ村田真哉
2016/10/23(日) 14:44 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3856-8ecd8269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック