「マサユキ前線2016」の案内ハガキが届いたー! まさかラストなのか!?

zensen160914.jpg
マサユキ前線2016 ラストファンタジー「別れの銀河」 愛と美食と大団円の旅立ち 博多 前線ラストショー
タイムボカンシリーズやJ9シリーズなどのアニソン以外にも、「燃えよドラゴンズ!」や「ひらけ!チューリップ」などの歌謡曲を作った山本正之さん。その山本正(山本昌じゃないぞ)が偶数年だけに行う全国ツアー「マサユキ前線」の案内ハガキが届きました。

タイトルと謳い文句で驚かずにいられない。「別れの時が来た」「14年もの長い間、ありがとう」「最終旅、笑顔でお別れしよう」。え? まさか今回で最後になるの!? 今年で65歳ですからそんなに無理できないということでしょうか。
私は愛知県安城会場でのショーを2・3度 行ったことがあります。普通の会議室で行われるもので、使用するのはギターとハーモニカのみ。ギターは目の前でチューニングをするんですよ。観客は100人もいないでしょう。そういうショーなのですから! だから生歌とギターの演奏を目の前で見ることができて充実感に満たされます。
今回がラストということなら、まだ未体験の人は是非とも行ってみてください。私は12月3日の安城に行くつもり、というか絶対行きます。

・先の「真田丸」でふと思った事
いや~50秒で終わった「超高速 関ヶ原の戦い」には驚きましたね。それだけかよ! と。戦勝に湧く真田陣営にもたらされた敗戦の報告は、まさに青天の霹靂といった印象でした。でも私はある疑問を抱いたので調べました。徳川秀忠が上田城攻めを中止したのはいつだったのかと。

wikiなどを読むと9月9日とも11日ともあったりして今イチよくわかりません。まぁここは11日としておきますか。関ヶ原の戦いがあったのは15日で、佐助が戦場から戻るにはいくら早くても二日はかかるでしょう。ってことは17日です。
つまり真田陣営は12日あたりから「勝った勝った」と酒宴を開き、17日まで騒いでたことになりません?
いくらなんでも騒ぎ過ぎだろうと突っ込ませていただきます(笑)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3864-4f3bd444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック