刃牙シリーズ25周年記念の少年チャンピオンを買う

baki160921.jpg
左は福本信行先生、右は島本和彦先生の応援イラスト
今週の少年チャンピオンが刃牙シリーズ25周年記念だったので買ってみました。25周年といっても「範馬刃牙」が2012年8月に終了し、「刃牙道」が始まる2014年3月までの約1年7ヶ月間は描いてないのだから「本当に25周年と言えるの?」と思えたり。
漫画家から寄せられたイラストの中で気に入ったのが上の二つ。福本先生のは「カイジ急遽ライザップしました」とあります。カイジのそんな姿を見せられてもなぁ…(笑)

少年サンデー、少年マガジンに連載している漫画家のイラストはあっても少年ジャンプからはありませんでした。やはり専属契約が関係しているのでしょう。けれどそれを補うようにヤングジャンプから2作品がトリビュート漫画として掲載。
baki160921-.jpg
一つは「嘘喰い」。右腕のある愚地克巳とジャック・ハンマーが賭け試合で戦い、それに賭けている花山と勇次郎。意外な決着に金を払わないとする花山に夜行さんが取り立てを…。最後になって自分の作品内容に持って行ったところがイイネ。画力も迫力あって誰かさんの外伝を描いてもらいたいです。
しかし不満なのが「テラフォーマーズ」。何だよ、読んだ漫画が刃牙というだけでストーリーと全く関係ないじゃん。正直、ガッカリですわ。
baki160921-1.jpg
そして来週号に「バキ外伝 疵面」が載るって! ならば買うさ!読むさ!レビューするさ! 去年の『別冊少年チャンピオン』12月号を最後に10ヶ月休載してるのだから、そろそろ連載再開して欲しいね。

・小林よしのりさんの発言を受けて
  小林よしのり氏「こち亀」なきジャンプ「大丈夫か」(日刊スポーツ)
「こち亀」が終わったことで小林よしのりさん(以後 よしりんと略)がコメントを。何せ二人は1976年デビューの同期ですから。
 「わしや秋本治の連載が始まったころのジャンプ作品は、みんな線が整理されないバラバラの個性的な猥雑さがあったのに…
と書いてあります。では 当初の よしりんの画像を見てみよう!
baki160921-2.jpg
これは連載デビュー作「東大一直線」が始まる前の読み切り「ああ東大一直線」の一場面。"個性的な猥雑さ"感がありありですわ。何しろこの当時はスクリーントーンの存在を知らなかったそうで、効果線は全て手描きしてあります。
「東大一直線」は1976年28号から連載開始。「こち亀」は同年42号から始まります。私は74年からジャンプを読み始めたので…読書歴42年か。「こち亀」連載前のジャンプを知ってる人はネット上では少ないよなぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はいはい、知ってますよ。いつも楽しく読ませてて頂いてます。初めて表紙を見て、山止たつひこ?ガキデカの作者名をもじっているから、ギャグマンガかあと思ったのを良く覚えています。もうその時は週刊誌になってました?最初の頃は第1第3木曜日発売の隔週刊だったですけど。
2016/09/25(日) 10:00 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3870-fd7bd298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック