ようこそ実力至上主義の教室へ 1巻 ダメクラス生徒たちはいかに浮上するや?

youkoso160924.jpg
『コミックアライブ』連載、「ようこそ実力至上主義の教室へ」の1巻です。
同名のラノベのコミカライズ。声優を付けたPR動画もあることから近い将来 アニメ化の可能性があると思われ。つーか、その可能性があるからこそコミカライズしてるとも言えるのですがね。

希望する進学先や就職先に ほぼ100%で望みが叶えられる名門校・高度育成高等学校。学校は設備が充実しており、更に月10万円もの お金と同等のポイントが振り込まれるなど、至れり尽くせりの環境だ。主人公の綾小路清隆はこの学校に入学するところから物語は始まります。
youkoso160924-.jpg
はい、表紙にもなってる この二人がメインヒロイン。なぜこの水着画像にしたかというと二人が並んでる普通のコマがほとんど無かったから。決して水着を見せたかったからじゃないぞ! ホントだからな!(震え声)
左が堀北鈴音。成績優秀でかなりの美少女だけど性格がキツイキツイ! ツンデレではなくツンしか存在しなく、友達は作れないんじゃなくて作らなくて構わないと思っている主義。だから常に独りで居る状態なんです。

右はクラスの人気者で誰からも好かれる櫛田桔梗。クラス全員と友達になりたいと鈴音に声を何度も掛けるも、その度に断られてしまうのは可哀そうです。

読んでいくとわかりますが学校環境はいいにも関わらず、不安感・不信感を抱かせる文章が時おりあって「何かある」と思わずにいられません。それが一か月後に判明するのですね。
youkoso160924-1.jpg
今月になって振り込まれるハズの10万ポイントがDクラス全員に入ってなかった。その理由がここにきてタイトルになってるとわかります。この学校は実力主義であり、遅刻欠席や授業中の私語などは当然ながらマイナス要素。クラス全体の成績がポイントに反映されることから、10万ポイントが入ってなかったということ。
つまり清隆・鈴音らの居るDクラスは最初から問題児の多い成績最低クラスだったわけです。

つーかぶっちゃけ、新設校でないのだから事前にこれぐらいの情報は知ってておかしくないのだけど、クラス全員どうしてそんなマイナス要素を起こしたんだろうな?

なぜ成績の良い私がDクラスなのかわからないとする鈴音。おそらくその性格にあるのだろうけれど本人は気付かない。一方では自ら望んで頭が良くないと思わせてる生徒も居るみたいですよ?
youkoso160924-2.jpg
それが清隆なんです! 正解率が3%の問題には正解し、正解率76%の問題で間違えるなど全教科を50点平均でやっていた。能ある鷹は爪を隠すと言うけれど、清隆は正にソレ。但しどうしてそうしてるのかは まだ謎ですが。

そして人気者の桔梗にも隠していた闇があることを巻末にて知らされることに…
youkoso160924-3.jpg
鈴音が友達になってくれないことに腹を立て陰口を叩いていたのを見てしまった清隆に、脅迫めいた言葉で口止めを。というか、自ら胸を触らせて指紋を摂取。いざとなったら本気で学校から追い出すつもり。怖い女だな!

ストーリーとしては成績最低のクラスを浮上させるために清隆と鈴音が一肌脱ぐ展開。一見すると「バカテス」っぽいけれど、それよりも現実的に物事は進んでまさかの事態で解決することに。それを知りたいならば一足先に原作1巻を読んでみよう。
それと表紙カバーを外すと鈴音のパンツ姿が見られるぞー!
ようこそ実力至上主義の教室へ 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
一乃 ゆゆ トモセ シュンサク
KADOKAWA (2016-09-23)
売り上げランキング: 825
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3871-1ec8cf0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック