「艦隊これくしょん 水雷戦隊クロニクル」 最終回! キス島撤退作戦は成功するか!?

kancolle160927.jpg
『月刊コンプエース』連載、「艦隊これくしょん -艦これ- 水雷戦隊クロニクル」の最終回
連載期間約3年にてとうとう最終回を迎えました。細かなメカ描写においては屈指の作品だっただけに残念です。
キス島に残っている守備隊を救出すべく出動した第六駆逐隊(暁・響・電・雷)・天津風・夕立たち。けれど戦艦ル級 eliteを旗艦とする敵艦隊と遭遇。無線を失い本部と連絡の取れないまま戦闘は続いていた──

ル級に向け魚雷を発射する暁。しかし駆逐艦ハ級に阻まれた。ハ級はそのまま夕立に襲い掛かり、何とか回避。回避したはいいけれど、それによりル級の接近を許してしまいます。いや、接近するためハ級をそのように命令したというのが正解か。

狂気の表情で砲塔を向けたのが上の画像。「…まずい これ避けられないっぽい」と直撃=轟沈を覚悟した夕立…ですが、そこに雷(いかずち)が割って入る! 装甲を巧みに使って砲弾の軌道を逸らすという神がかり的なことをやってのけます。無論 衝撃で大きく弾き飛ばされますが、そこは夕立がしっかりキャッチ。返し刀で魚雷を見舞って見事に命中! ピンチの後にチャンスありとは正にコレですね。
kancolle160927-.jpg
魚雷が4発ほど命中したのに関わらず耐えたのはさすが戦艦。でも少なからずダメージを負っているわけで、天津風や響は追い打ちを掛けるべく戦闘を続行。結果、ル級は沈黙。他の艦船も去っていき撃退に成功します。
ル級の轟沈を確認すべく接近したのは電(いなづま)。血を吐き今にも光となって消えそうなル級の手を取り、有名なあのセリフが登場ですよ。
kancolle160927-1.jpg
できれば深海棲艦(あなた)も助けたいのです
その言葉を聞いて安心したかはわからないけれど、ル級の手は力が抜けて光と化していった… 勝利したとはいえ電の心は決して晴れてはいないでしょうね。

一難去って また一難。今度は戦艦はいないものの合計6隻もの敵艦隊と遭遇。これはキス島を包囲していた艦隊のようだ。そこへ砲撃が! 不意打ちを食らって慌てる暁たちですが、その攻撃は敵艦隊に当たっている。まさかキス島の守備隊からの攻撃だったのか!?
kancolle160927-2.jpg
それは大井と北上だった!
工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工 キス島に残ってたのはこの二人だったの!? わたしゃてっきり深海棲艦に関して重要な知識や情報を持ってる博士といった人物かと思ってましたよ。つーか、この二人だったら愛の力で困難を乗り越えられると思うわけで。

大井と北上の力を借りて敵艦隊を破り、一同は帰還して幕となるわけですが──味気ない終わり方としか思えません。とにかく何で大井と北上なんだよと。大演習をしてまで助ける価値があったのかとさえ思ってしまいますよ。秋に出るコミックスでは、二人は重要な情報を持っていたとかにして、読者が納得できるようにしてもらいたいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いや、大井と北上いなかったら毎度イベントのラストで詰むでしょ
2016/10/02(日) 11:30 | URL | 名無し #-[ 編集]
管理人さんに禿同。同じくキス島を扱ったノベル「陽炎、抜錨します」5巻では観測所の研究員の救助という説得力のある話だったのに。大北なら3-2くらい自力でクリアできるでしょ。どうしても艦娘を出したいなら、明石とかまるゆとか戦えないタイプにすればよかったのに。
2016/10/06(木) 23:09 | URL | 蒼獅 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3875-567b45ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック